ロシアの畑の「金」:ロシアが偉大な農業大国になる可能性は何ですか


石油・ガス市場の状況はあまり明るいものではありませんが、良いです ニュース ロシアの農業部門から来ています。 国産穀物の価格は上昇を続けており、すでに小麦220トンあたり8ドルに達しています。 シーズンの初め以来、成長は印象的なXNUMX%を示しています。 同時に、ロシアの農業従事者は、競合他社からの不作を利用して、新しい市場を征服し始めています。


ロシアの畑からの穀物の主な市場は、エジプト、サウジアラビア、トルコです。 続いて、アゼルバイジャン、レバノン、イラン、ナイジェリア、インドネシア、ヨルダン、バングラデシュ、スーダンが続きます。 しかし今では、イラクやアルジェリアなどの国内農家向けの新しい国を追加することができます。 フランスは伝統的にアルジェリア市場を支配しているため、後者は非常に重要です。 広い前線でそのようなロシアの穀物の攻撃についての説明があります。

まず第一に、夏の干ばつはその汚い仕事をしました、そしてそれは私たちの主要な競争相手を痛々しく襲いました。 たとえば、フランスの収穫量は昨年より26%少なく、世紀の最後の四半期で最低でした。 同時に、播種面積は約15%減少しました。 アルジェリアが穀物の品質に対する要件を緩和し、ロシアを含む代替のサプライヤーを探すことを余儀なくされたことは驚くべきことではありません。 米国およびウクライナでのトウモロコシと大豆の生産性の低下。

雪のない冬を伴う異常に暑い夏も、特に南部でロシアに悪影響を及ぼしました。 最大の損失はトウモロコシとヒマワリで予想されます。 しかし、本当の救いは、いくつかの気候帯に同時に位置する私たちの国の大きなサイズでした。 南部地域の不作は、ボルガ地区と中央地区、および西シベリアでの記録的な収穫によって補われました。

第二に、世界的な高い穀物価格は、コロナウイルスのパンデミックによってプラスの影響を受けています。 COVID-19に怯えて、多くの製造業者は農民の製品を予備に保つことを選択しましたが、消費者は購入を増やすことを求めました。 その結果、小麦、トウモロコシ、メスリンのコストが急上昇し、ロシア人を喜ばせざるを得なくなりました。 ネガティブな予測にもかかわらず、国内の総穀物収穫量は129,4億82,5万トンに増加しました。 小麦の場合は82,6〜14万トン、トウモロコシの場合は20,7万トン、大麦の場合は12,2万トンと予測されています。 その他の穀物はXNUMX万トンを占めるでしょう。 同時に、XNUMX年目となる国内農家は最大の輸出国の地位を維持しており、欧州連合と米国の競合他社に圧力をかけています。

まとめると、これは、ロシアが本当に偉大な農業大国になる非常に現実的なチャンスがあることを示唆しています。 はい、国産の穀物は同じフランス人に比べて品質が少し劣っていますが、私たちは量をとることができます。 面積のさらなる拡大、穀物貯蔵施設と輸出インフラの建設への投資、そして柔軟性が必要です ポリシー 農産物の輸出の割り当てに関連して。 将来の「ブルーフューエル」と「ブラックゴールド」の収益による収益の減少は、ロシアのフィールドの「ゴールド」を補う可能性があります。
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
23 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. 鉄鋼労働者 Офлайн 鉄鋼労働者
    鉄鋼労働者 21 9月2020 14:35
    0
    ロシアが偉大な農業大国になる可能性は何ですか

    ガソリンと牛乳の価格が40ルーブルの場合、それはほぼチャンスであり、推測することしかできません。 私たちの政府におけるこのレベルの教育により、ロシアは長い間農業大国にはなりません。
    1. セルゲイ・トカレフ (セルゲイ・トカレフ) 21 9月2020 14:59
      -1
      ベネズエラでは、ガソリンと水は同じで、チャンスはありません。 あなたも推測することはできません...そして、政府の教育のレベルは、ソ連で支配した料理人と比較してどのように悪いですか? SelyukKhrushchevが全国を支配しました。
      1. ドミトリーS. オンライン ドミトリーS.
        ドミトリーS. (ドミトリーサニン) 21 9月2020 15:42
        +1
        すでに-価格は同じではありません。 USSRでは、ビールの価格は40コペックで、76コペックもあります。 誰もビールに行きませんでした。
        1. セルゲイ・トカレフ (セルゲイ・トカレフ) 21 9月2020 19:03
          -1
          あなたのussrはどこにありますか? 左??? 40ビールはラットが逃げるのを防げなかった。
        2. ユーリ・アレクセフ (ユーリ・アレクゼーフ) 23 9月2020 09:01
          0
          ビールはマグカップ22コペック、ガソリンは76リットル7コペックです。
    2. ウラジミール・ツザコフ (ウラジミール・ツザコフ) 21 9月2020 17:53
      +1
      最後に、ロシアは穀物を輸出し始めました、そして前世紀は穀物を買っただけで、成功を喜んで、不平を言うことはありません...もちろん、より科学集約的な分野で優れていることが望ましいです...
    3. ブラノフ Офлайн ブラノフ
      ブラノフ (ウラジミール) 22 9月2020 11:02
      0
      ガソリンと牛乳が40ルーブルかかるとき。

      クリミアでは、現在ガソリンが50ルーブル、牛乳が70ルーブルです。
    4. ユーリ・アレクセフ (ユーリ・アレクゼーフ) 23 9月2020 09:11
      0
      現在、平均給与で、USSRの平均給与よりも多くの牛乳を購入できます。 そして、生活水準は現在、ソ連よりもはるかに高くなっています。唯一のことは、ソ連の社会的領域が今よりもはるかに急であり、他のすべてが悪化したということです。
  2. セルゲイ・ラティシェフ (サージ) 21 9月2020 16:29
    -2
    グレートペレモガ。 農業力です。
    以前は、すべての植民地が偉大な農業大国であったことを覚えています。 穀物、ゴム、砂糖-すべてが大都市に運ばれました...

    トト、糖尿病の発生が来ています-肉タンパク質の代わりに、小麦粉の炭水化物がソーセージに押し込まれています...
    1. オヨ・サルカズミ (Oo Sarcasmi) 21 9月2020 18:07
      0
      引用:セルゲイ・ラティシェフ
      偉大な農民の力がすべての植民地であった前に私は覚えています

      ジー。 1945年以来、パンの最大の輸出国は米国とアルゼンチンでした。
      大都市で生産された高価な商品を売るにはコロニーが必要です。 たとえば、英国は一般的な食卓塩をインドに供給しました。 その場で、その生産は死によって罰せられました(棒で殴られました)。
      1. セルゲイ・ラティシェフ (サージ) 21 9月2020 19:36
        0
        ジー。 正しい。 分業。
        アメリカとアルゼンチン、そしてまだ大規模な生産者です。

        しかし、コロニーも機能しました。 第二次世界大戦でパンがイギリスに運ばれたときのベンガル(??、正確には覚えていません)とインドにはまだ飢饉の写真があります...

        そして、パンも西に行ったとき、ツァリニストロシア、スタリニストロシアで飢餓がありました...
        1. オヨ・サルカズミ (Oo Sarcasmi) 21 9月2020 22:48
          0
          スターリン主義者の飢饉は純粋に行政上の起源でした。 地図を見ると、それは穀物が育つ土地、つまりヴォルガ地方のウクライナをカバーしていました。 計画をやり過ぎたいという強い願望。 黒以外の地球、北、同じウクライナの都市-飢餓は影響しませんでした。 彼らはパンを集めて報告しました、そしてそれを保管する場所がなかったので、彼らはそれを峡谷に捨て、国有財産を略奪しないように警備員を設置しました。
          結局のところ、私は「レンジャー」の研究所、つまり世話人が森から、野原から、人工の池の近くでストローやスパイクレットを燃やし、釣りをしないようにブラシウッドを運ばないようにした。 63-67歳..。
          1. セルゲイ・ラティシェフ (サージ) 22 9月2020 09:02
            +1
            Tseは正しいです。
            しかし、ほぼ同じ時期に、オクラホマで有名なダストストームがありました。 これが「原点」です。

            そして峡谷のパンについて-これはすでにかなり新鮮なバージョンです。 90年代にも2000年代にも、彼らはまだこれについて考えていませんでした。 (GULAGはこれらの飼育係についてただ叫び、これを聞いて、おそらくすでに15番目のバージョンの飢餓です)
            1. オヨ・サルカズミ (Oo Sarcasmi) 22 9月2020 12:49
              0
              さて、ゴルバチョフも「飼育員」のコホートの出身でした。クーポンには200か月間XNUMX gの砂糖が与えられましたが、砂糖と小麦粉が入った列車全体が取引基地から降ろされました。荷降ろしする場所はありません。クラスメートが倉庫にいました。
              1986年にOPC(労働者供給部門)が清算されたとき、ライコオプトルグはそれからの製品を受け入れることをきっぱりと拒否しました。 そして、彼らは凝縮した牛乳、シチュー、焼き菓子、お菓子、ソーセージ、バターを埋め立て地に運びました。 製品は1964年に製造されました。
              1. セルゲイ・ラティシェフ (サージ) 22 9月2020 13:33
                -1
                有名なあなたは時間とテーマのためにダウンロードします!
                31mの渓谷について話す時間はありませんでしたが、すぐにゴルバチョフについて話しました...
                1. オヨ・サルカズミ (Oo Sarcasmi) 22 9月2020 15:00
                  0
                  残念ながら、私たちの生活を台無しにする人々は常に同じです。 特にソビエトのもの。 収集、積み上げ、および報告します。 そして、少なくとも死ぬ、少なくとも国を破壊する。 しかし、注文は私にあります。
          2. 123 Офлайн 123
            123 (123) 22 9月2020 15:49
            0
            スターリン主義者の飢饉は純粋に行政上の起源でした。 地図を見ると、それは穀物が育つ土地、つまりヴォルガ地方のウクライナをカバーしていました。 計画をやり過ぎたいという強い願望。 黒以外の地球、北、同じウクライナの都市-飢餓は影響しませんでした。

            しかし、ポーランドはどうですか? それらも管理上の起源ですか? スターリンがアメリカに到着したようにも見えます…。たぶん、自然の要因も、帳消しにされるべきではありませんか?
            1. オヨ・サルカズミ (Oo Sarcasmi) 22 9月2020 18:17
              +1
              大恐慌ですね株式を通じて人々からお金が引き出された後、彼らの借金は崩壊によって取り消されました。
              アメリカの農民は自分たちの食べ物をどうしたらいいのかわからなかった。 州の予算から数十億が彼らを助けるために割り当てられました-しかし、身代金を払われた食物は破壊されました! オレンジとジャガイモに灯油を注ぎ(そしてお金を使うのは残念ではありませんでした!)、牛乳を地面に注ぎ、穀物を発電所の炉で燃やしました。 だまされた働く人々だけが何も得られなかったら。
              怠惰なキャリアリストと一緒のスターリンは、傍観者として控えめに喫煙します。
              1. 123 Офлайн 123
                123 (123) 22 9月2020 19:26
                +1
                大恐慌ですね株式を通じて人々からお金が引き出された後、彼らの借金は崩壊によって取り消されました。
                アメリカの農民は自分たちの食べ物をどうしたらいいのかわからなかった。 州の予算から数十億が彼らを助けるために割り当てられました-しかし、身代金を払われた食物は破壊されました! オレンジとジャガイモに灯油を注ぎ(そしてお金を使うのは残念ではありませんでした!)、牛乳を地面に注ぎ、穀物を発電所の炉で燃やしました。 だまされた働く人々だけが何も得られなかったら。
                怠惰なキャリアリストと一緒のスターリンは、傍観者として控えめに喫煙します。

                私はそれに反対しません。



                つまり、私たちも干ばつを経験したのとほぼ同じ年です。
    2. 123 Офлайн 123
      123 (123) 22 9月2020 15:45
      0
      グレートペレモガ。 農業力です。
      以前は、すべての植民地が偉大な農業大国であったことを覚えています。 穀物、ゴム、砂糖-すべてが大都市に運ばれました...

      つまり、米国とカナダは私たちの植民地ではなくなったのですか? 笑顔
  3. 鉄鋼労働者 Офлайн 鉄鋼労働者
    鉄鋼労働者 22 9月2020 22:00
    -1
    大恐慌ですね

    私はあなたからそのような啓示を期待していませんでした。 そして、なぜ私たちは矛盾しているのですか? そして、なぜあなたはプーチンを擁護しているのですか? プーチンが去るのが早ければ早いほど、プーチンの側近は早く消えます。 正義!! それがPUTINに欠けているものです!!!
  4. 鉄鋼労働者 Офлайн 鉄鋼労働者
    鉄鋼労働者 25 9月2020 12:55
    0
    ベネズエラでは、ガソリンと水は同じでチャンスはありません

    あなたがあなたの心を誇示することに決めたように? そして、なぜガソリンも水よりも安いUAEではなくベネズエラなのか? そして、あなたは教育について何か他のことを言います!
  5. デニスK Офлайн デニスK
    デニスK (デニスK) 29 9月2020 18:24
    0
    ええと、生産者がより多くのお金を得るなら、そうです....そしてこれまでのところほとんどの購入は...しかし彼らはエレベーターを建てます、それは彼らがルーツからより少なく売ることを意味します..