クリミア半島は中東への主要な輸出の出発点になります


数日前、Voronezh地域から最初の穀物の鉄道委託がクリミアに到着しました。 これは、クリミア橋を渡る貨物鉄道の開通により可能になりました。 この出来事がマスコミでほとんど気付かれずに通過したという事実にもかかわらず、それは現代の金融システムの新しい代替案の始まりになる可能性があります。


100月には合計XNUMX台の穀物の荷馬車が輸送される予定であり、クリミアの港を経由して輸送され、輸出に送られます。 しかし、ここで自然な疑問が生じます。半島が制裁下にある場合、このすべての生産はどこに行くのでしょうか。

昨年以来、クリミアが独自の穀物収穫物をシリアに届け始めたことは周知の事実です。 しかし、今年は半島の干ばつにより制限されました。 幸いなことに、クリミア橋での貨物輸送の開始のおかげで、ロシア本土は貿易に接続することができました。

シリアもクリミアへの配達を開始しました。 半島には、少量ではありますが、柑橘系の果物、オリーブオイル、野菜が入った船が到着します。 そして、以前にこれらすべてがトルコの商品を装って制裁の対象となったトルコからクリミアに陥った場合、今ではシリアと直接取引する機会があります。

しかし、本格的な取引について話すのは時期尚早です。 シリアが食料から建築資材まで、大量のロシア製品を必要としていることは明らかです。 しかしながら 経済 この国は戦争によって血を流されており、ロシアはまだそれを貸す準備ができていません。

さらに、他にも多くの未解決の問題があります。 たとえば、本格的な貿易の場合、シリアは、輸送会社、共同銀行、投資基金などを作成するために、SWIFTの類似物に接続する必要があります。

これはすべて簡単なことではなく、私たちは旅の始まりに過ぎません。 しかし、誰も制裁を解除しないことは明らかであるため、これを行う必要があります。 さらに、将来的には、ますます多くの認識された状態と認識されていない状態がそのような制限に該当するでしょう。 したがって、遅かれ早かれ、誰かが既存の金融システムに代わるものを提供しなければならないでしょう。

3 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. ゴレニナ91 オンライン ゴレニナ91
    ゴレニナ91 (イリーナ) 12 9月2020 16:50
    0
    -ああ...ああ...ああ...-まあ...ロシアが入った...-真っ逆さまに..。
    -ロシア...独自のStavropol地域と南部の畑、ブドウ園、果樹園があります。 -しかし、文字通り「フェンスを越えて」...-ウズベキスタン、キルギスタン、カザフスタン...-そしてまた...-彼らの安い野菜と果物で...-そしてここでは異なる海と異なる海峡を通って... -シリアから一握りのオレンジを運ぶために...-そしてそこに...無料のロシアの穀物を届けるために...-そして構築します。 材料...-今、私たちはすでに「到着」しています...ロシア人..。
    -しかしその間...:-シリアのロシアの要塞地域。 個人的に私が常に書いているものについて...-構築を開始します...
    -確かに、ロシアは時間と機会を浪費してきました。 彼女が巨大な貨物船に乗ることができたとき。 貨物バージの巨大な船倉に必要な貨物(軍用と民間用の両方)の大部分を配達するため。 あらゆる種類の機器; 建設設備等等...
    -すべてがXNUMX倍安くなり、すべてがずっと前に作成および構築されていたでしょう。 そしてずっと前に機能し、ロシアの利益のために役立ったでしょう...-まあ、今...このすべての配達は...-それははるかに難しく、ロシアの施設はすぐには建設されず、運用に適しています...-まあ、大丈夫...少なくとも私たちは始めました...
    1. ブラノフ Офлайн ブラノフ
      ブラノフ (ウラジミール) 14 9月2020 16:19
      +1
      中央アジアのオリーブオイルはどこにありますか? ロシアはシリアから完全にそれを取ることができます。 そして、第二次M戦争後にアメリカ人がしたように、彼らの経済を高めるために。
      1. ゴレニナ91 オンライン ゴレニナ91
        ゴレニナ91 (イリーナ) 14 9月2020 16:31
        -1
        中央アジアのオリーブオイルはどこにありますか? ロシアはシリアから完全にそれを取ることができます。

        -なぜこのトリッキーなオリーブオイルなのですか? -あまり役に立ちません...-オリーブオイルの独自性と利点についての神話はすでに払拭されています(パームオイルについて...-私は黙っています)...-亜麻仁オイルに切り替えることをお勧めします...-それははるかに便利であり、はるかに安く、はるかに手頃な価格...

        そして、第二次M戦争後にアメリカ人がしたように、彼らの経済を高めるために。

        -ロシアは長い間すでに可能でした...だろう...どんな市場でもいっぱいになるでしょう...-少なくとも亜麻仁で。 少なくとも麻油では(ちなみに、最も純粋な生態学的材料は両方の植物の茎から得られます)...-両方の植物は非常に気取らないです...-そしてロシアの無限のフィールドはこれらの生地で作られた服で地球の半分を着飾ることができます...
        -そして、麻はロシアで「悪くない」成長します(彼らはそれから喫煙をがらくたにしません)...-しかし、あらゆる種類の南部の州(私はシリアについて言及したくありませんでした)...ただ「悪い麻」がたくさんあります...