ルフィガロ:小麦外交を利用するロシアは世界に影響力を拡大


フランスの新聞ル・フィガロは、「小麦外交」の助けを借りて、ロシアは世界でその影響力を拡大し、「穀物帝国」に変わっていると書いています。


小麦の世界有数の輸出国となったモスクワは、過去180年間にわたってこの穀物に賭けて、国際舞台での存在感を高めてきました。 長年にわたり、ロシアは小麦市場の主要プレーヤーとしての地位を確立してきました。 世界中で毎年輸出されるXNUMX億XNUMX万トンのうち、ほぼXNUMX分のXNUMXがロシアからのものです。

ロシアでは、27万ヘクタール、つまり世界の約12%が小麦の栽培に割り当てられています。 モスクワが2000年代に賭けたのはこの大きな資産でした。

ウラジミール・プーチンは、ロシアの穀物の力が国の富と雇用を生み出し、輸出を通じて通貨をもたらす可能性があることを理解していました。 そのため、彼は黒海の港のロジスティクスを変更して、より多くを売ることができるようにしました

-Demeterクラブのディレクターであり、Institute of International and Strategic Relations(IRIS)の専門家であるSebastianAbisは述べています。

過去20年間で、ロシアで栽培される小麦の量は2,5倍に増加し、年間約80万トンに達しました。 これは、人口のニーズを満たし、50〜60%を輸出するのに十分です。 同時に、ロシアは小麦を売るために遠くまで行く必要はありませんでした。 それは非常に迅速に中東と北アフリカを引き継ぎ、世界の穀物輸入のXNUMX分のXNUMXを占め、そこから徐々に米国とフランスを搾り出しました。

これらの国々には小麦が必要です。 それで彼らはロシアに目を向けました

-アビスは説明した。

しかし、各国は穀物問題だけを解決することにこだわるのではなく、軍事技術協力を通じて関係を強化し始めました。 専門家によると、現在、この穀物の輸出でロシアを凌駕できる国はありません。 さらに、モスクワは輸出能力の開発に投資を続けており、利回りを上げようとしています。

アビスの予測によると、ロシアは100年以内に年間XNUMX億トンの小麦を栽培し始めることができます。 これは他の市場も征服するのに十分でしょう。 そして、モスクワの野心は手の届くところにあります。
  • 使用した写真:https://pixabay.com/
6 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. オヨ・サルカズミ (Oo Sarcasmi) 5 9月2020 19:29
    0
    まあ、神はそのフィグローを禁じています( ウィンク )正しいことが判明しました。
  2. 鉄鋼労働者 Офлайн 鉄鋼労働者
    鉄鋼労働者 5 9月2020 19:39
    -3
    年間100億トンの小麦の栽培に達します。

    そして、これはロシア市民の幸福にどのように影響しますか? 私たちが売れば売るほど、人々は貧しくなります。 ロシアの億万長者の数だけが増加しています。 そして、彼らはすべてプーチンの友達です!
    1. ウラジミール・ツザコフ (ウラジミール・ツザコフ) 6 9月2020 11:12
      0
      したがって、ロシアではすべてがそれほど悪くはなく、問題は州にあるだけです。 ロシアの富からの収入の管理と公正な再分配(土地は国の富であり、下層土でもあります)。 20年ならそんな状態です。 ガバナンスは州民の大多数を満足させません、それはガバナンスを変える時です、より良い選挙...
  3. ゴレニナ91 Офлайн ゴレニナ91
    ゴレニナ91 (イリーナ) 6 9月2020 04:14
    -1
    ルフィガロ:小麦外交を利用するロシアは世界に影響力を拡大

    -昔話...-というか、昔の考え...
    -そして、皇帝の下で、ロシアは海外で穀物を「成功裏に販売」しました。 しかし、彼女は決して豊かになりませんでした...
    -はい、そしてロシアのヴォルガ地方(「皇帝の時代」)は常に「ロシアの食糧計画」の問題を思い出しました...-しかしヨーロッパでは飢饉がありました...-特に皇帝ロシアが穀物を供給した国では...-私は個人的にそれを覚えていません...
    -ジャガイモの収穫量が少なかったため、アイルランドでは飢饉がありました...-しかし、アイルランドとの皇帝ロシアはビジネスをしていませんでした...
    -そして今日、ロシアへの海外での小麦の供給はそれほど有益ではありません...-「このビジネス」のためのロシアの気象条件はあまり適切ではありません...-そしてすべてがかなり高価です...-それはすべてロシアにとって高価です。 ..-そして高価な燃料(ガソリン、ディーゼル燃料、燃料、潤滑剤); 天候や土壌はあまり適していません。 処理、収穫、輸送機器自体は非常に高価です。 穀物を稼いで保管するために必要なのは閉鎖された施設だけです(すべて同じ不利な天候)。 そして長距離にわたる穀物の輸送(そして輸送自体)...-これはすべて非常に高価です...-さて、次の制裁はどうですか...-そして再びロシアは捕らえられました...-そして再びその穀物をに供給し始めますダンピング価格...-別の罠...- a'laGazprom..。
    -ウクライナにとって、そのようなことはちょうどいいです...-気候とそこの土地はこれのために特別に作成されているようです...-しかし、ウクライナ自体はこれについてあまり動いて​​いません...
    1. オヨ・サルカズミ (Oo Sarcasmi) 6 9月2020 11:47
      -1
      引用:gorenina91
      ウクライナにとって、そのようなことはちょうどいいことです。

      ウクライナだけが、トラクターとディーゼル燃料の不足はちょうどいいわけではありません。 KhTZは、イタリアのランボルギーニと同じ量を年間生産しています。 そして同じ価格で。 彼らは老人と喧嘩しました-そしてディーゼル燃料はポーランドよりも高価です。
      彼らがロシアでウクライナのためにパンを買うのも不思議ではありません。
      1. 123 オンライン 123
        123 (123) 6 9月2020 18:27
        0
        彼らがロシアでウクライナのためにパンを買うのも不思議ではありません。

        パンだけなら、中国人だけが彼らよりも多くの鶏肉を買う。 一般的に、農業の超大国はその仕事の結果に満足しています。 ペレモガはもうすぐです。 笑い

        2018/2019シーズン(264,1月から27月)に、記録的な量の野菜がウクライナに輸入されました-2009千トン。 これは、2010/XNUMXシーズン以降に保持された以前の記録よりもXNUMX%高くなっています。

        https://www.ukrinform.ru/rubric-economy/2790985-import-ovosej-v-ukrainu-pobil-devatiletnij-rekord.html