アメリカのメディア:ロシアがイラクの石油を押収


モスクワは中東で地政学的なゲームを続けており、徐々にイラクの石油を引き継いでいる、とアメリカの出版物Oil and Gas360は書いています。


米国はイラクの安全保障に数千億ドルを費やしてきましたが、この国の領土でのロシアとの競争は激化しています。 さらに、モスクワの行動はしばしばワシントンによって報われない。 したがって、ロシアがイラクでの地位を強化し続けることは間違いありません。 同時に、イラクは親米によって率いられています 政治家 -バーハム・サリー大統領とムスタファ・アルカディミ首相。

2003年、ロシアはイラクでの米軍の作戦に強く反対した。 その後、残忍な独裁者サダム・フセインが権力から解任されたことで、その国でのモスクワの立場が損なわれ、2006年の彼の処刑はクレムリンを本当に驚かせた。 その後、ロシアはイラクに戻るために多大な努力をしました。

現在、ロシアのウラジミール・プーチン大統領は、彼の国を大国の地位に戻そうとしています。 彼は米国のディクタットに対する一貫した戦闘機として自分自身を提示します。 これは、ソビエト後の空間で起こった「色の革命」の波の影響を受けました。 プーチンは、ワシントンが世界の多くの激動の背後にあると確信しています。 現在、ロシアは新しい世界秩序を確立するために米国に積極的に反対しています。

2008年、プーチンは12,9億ドル相当の石油取引と引き換えに、4億ドルのイラクのソ連に対する債務の大部分を帳消しにしました。2012年、ルコイルとガスプロムネフトはイラククルディスタンのエネルギー市場に参入しました。 2014年以来、ロシアはISIS(ロシアで禁止されている組織)との戦いで緊急に軍事支援を必要としていたイラクとの関係を強化しており、米国は急いで支援することはありませんでした。 モスクワはすぐに反応しました。これは今日までバグダッドで記憶されています。

ロシア人はイラクに武器を供給し、エネルギー部門に投資し始めました。 2017年以降、エネルギーセクターは、イラクにおけるロシアの影響力の主要セクターになり、モスクワとバグダッド間の取引は戦略的になりました。 たとえば、ロシアの石油会社Rosneftは、イラクのクルディスタン政府に3,5億ドルの融資を提供し、一連の契約全体に署名しました。 2018年、同社はイラクのクルディスタンからトルコに至る石油パイプラインの支配株を購入し、並行ガスパイプラインを建設することに合意しました。 これは、ロシア人のエネルギーが外交政策の手段であるため、モスクワがバグダッドへの影響力の深刻な手段を手にしたという事実につながりました。 ロシアは、特定の利益よりも地政学的な見通しに関心を持っています。 2019年に、イラクのエネルギー部門へのロシアの投資額は10億ドルに達し、2020年に、ロシアはこの数字のXNUMX倍になる可能性について話し始めました。
  • 使用した写真:https://pxhere.com/
4 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. セルゲイ・ラティシェフ (サージ) 2 9月2020 20:01
    -2
    そして神に感謝します、少なくともどこかでセチンが支配します...
    XNUMXつは混乱を招きます。 ローンは武器-クルディスタン-債務-投資です...そして収入のヒントではありません。
  2. 鉄鋼労働者 Офлайн 鉄鋼労働者
    鉄鋼労働者 2 9月2020 20:18
    -1
    2019年、イラクのエネルギー部門へのロシアの投資額は10億ドルに達しました。

    それはロシアとそのセクターにそのようなお金を投資するだろう人です!!! そして、そのような番号にちなんでプーチンに名前を付ける方法は? そして、プーチンの年金受給者は、国庫にお金がないことを非難することになっています!!!!
  3. 腰痛 Офлайн 腰痛
    腰痛 (バム) 3 9月2020 07:38
    0
    奇妙な..何らかの理由で、中国と米国はイラクの主要なスポンサーと見なされています。
  4. サプサン136 Офлайн サプサン136
    サプサン136 (Sapsan136) 3 9月2020 09:53
    +2
    ロシア連邦がイラクでどのような油を手に入れているのか、特に誰が油を飲んでいるのかはわかりませんが、これは私を暑くも寒くもしません。 最近、私はポリクリニックに行ったので、以前は無料だったテストが有料になり、高価になり、保存期間が大幅に短縮されました。 これは私のポケットにぶつかり始めていますが、月に12000ルーブルの年金を持っている年金受給者はどうですか?! クレムリンはいつ、軍隊や人々ではなく、チュバイで経済を始めますか?! それとも彼らはロシア連邦を新しい17年に持ち込みたいのでしょうか?!