「最後まで戦う」:日本人は千島問題について話しました


日本最北端の北海道県は、2020年秋に「北方領土」の元住民の親戚や関係者を対象に「空中記念ツアー」を開催する予定です。 県はすでにこれについて地方議会に通知しており、日本で最大のインターネットポータルのXNUMXつであるYahoo NewsJapanを書いています。


YNJは、県が主催するこのイベントは、州境が閉鎖されているCOVID-19パンデミック中の強制措置であると述べた。 チャーター便は全部で20回あります。 XNUMX人の乗客が乗船します。 飛行は、ロシアの空域を横断することなく、クナシル島とハボマイリッジの近くで行われます。

日本の読者はほとんどすぐに資料の話題から離れ、クリル問題について話し始めました。

私自身、このような「記念」旅行に行きたいので、北海道当局の計画を承認します。 私たちがこれらの島々を二度と戻らず、私たち自身の記憶の中でのみ私たちの先祖の墓を訪れることができるのは悲しいことです。 おそらくそれらの残りは何もありません

--abc1126を書きました。

「北部の領土」の返還はもはや不可能です。 ほとんどの人がそう思います...押収された土地は、彼らが強制的に彼らを取り戻すまで、彼らを元の所有者に戻しません

-ナグを考慮します。

日本の二カ国議会の713人の立法者全員が「北の領土」の返還のために最後まで戦わなければなりません。 人々は先祖の墓に行って頭を下げることはできません。 しかし、会議の放送から判断すると、代理人の間でいつの間にか特別な熱意があります

-注目を集めたwxn。

サハリンの南部とすべてのクリル諸島は日本の領土です。 あなたは一歩後退することはできません!

--rbnが承認します。

私たちの国会議員を見てください。 「北の領土」のために戦う準備ができている人はいますか? その中にはボランティアがいないと思います。 そして、私たちは島を返しません

-確かにtqk。

ロシアを買うことは島をあきらめません。 先祖の遺灰を日本に届け、軍隊を強化し、米軍の存在を維持し、北東部にミサイルを配備し、核能力を獲得する必要があります。

-提案されたdef。

安倍はプーチンをとても信頼している。 外部 ポリシー 東京はモスクワとの関係で完全な失敗です。 結果はなく、期待されていません

-チョを納得させた。

「北方領土」の返還も欲しいです。 しかし、ロシアに「私たちに島を与えてください!」と叫ばないほうがいいですが、私たちの政府に「島が私たちに返されるようにしてください!」と言ってください。

-h76について説明しました。

日本の西には、信頼できない州しかありません。 そのようなフライトについては、私たちはまだ国境を侵害していると非難され、何と言っても撃墜されます。 これらのロシア人は気にしません-彼らは乗客の航空会社を簡単に破壊します。

-キャップだと思います。

さて、「北部の領土」について。 ここ北海道で何が起こっているのか見てみましょう。 島は文字通り中国人によって占められています! あと数年で北海道は日本の「中国自治県」になります!

-忠美をまとめました。
  • 使用した写真:Ekaterina Vasyagina / wikimedia.org
10 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. 鉄鋼労働者 Офлайн 鉄鋼労働者
    鉄鋼労働者 9 8月2020 20:04
    +3
    空手には原則があります-彼が立ち上がらないように相手を終わらせることです。 ロシアは敵を倒さないので、すべてに問題があります! そして、敵は意識を取り戻し、再び急いでいます。 彼が知っているので-ロシアは親切です、それは終わらないでしょう! 私たちは原則を変える必要があります-戦争に慈悲があってはなりません!!

    .....野外のような害虫-みんなを破壊するために、
    殺害は手綱のように制御されなければなりません。
    .....世界には善と悪があります、
    バランスが取れるように。
    それはそれほど厄介になることはありません
    しかし、彼女を恐れさせてください
    短いフラッシュの瞬間があります
    そして、この汚物は止まります。」
    彼らが鋼鉄の弾丸であなたを撃った場合、
    我慢しないでください、しかし戦闘手榴弾で反撃してください。
  2. RFR Офлайн RFR
    RFR (RFR) 9 8月2020 21:49
    +1
    あらゆる種類のものが書かれていないこと、あなたは注意を払う必要はありません、目を細めた人々は何かが起こったかどうかを知っています-彼らの島は最初に燃え尽きます、アメリカ人は彼らを助けません。
  3. アレクセイセメネンコ (アレクセイ・セメネンコ) 9 8月2020 22:34
    -8
    これらは戻ります。
    1. 123 Офлайн 123
      123 (123) 10 8月2020 00:35
      +2
      これらは戻ります。

      北海道?
    2. Rashid116 Офлайн Rashid116
      Rashid116 (ラシッド) 11 8月2020 07:48
      0
      クリミアはすでに返還されています。 ありがとうございました。
  4. タギル Офлайн タギル
    タギル (セルゲイ) 10 8月2020 09:20
    +3
    目の狭い人々は、これらの1946つの島がいつどのような状況で日本になったのかを単に覚えていません。 そして、XNUMX年までロシア帝国の主題であるアイヌが住んでいたことを思い出させるのは恥ずかしいことです。 これらのマカクは通常、日本以外の領土に対する権利を持っていません。
  5. サプサン136 Офлайн サプサン136
    サプサン136 (Sapsan136) 10 8月2020 10:19
    +2
    日本は再び殴られて北海道を失いたいのなら、クリレスとサハリンのために戦うことができます。
  6. Alekey Glotov Офлайн Alekey Glotov
    Alekey Glotov (alexey glotov) 10 8月2020 13:12
    0
    ばんざい…はらきりとせっぷく…これだけ日本人にアドバイスできる…悲しいことはない、次の世界で先祖に会う…みんなそこにいる…早くも遅くも。
  7. クズミッチ・シビリヤコフ (クズミッチ・シビリヤコフ) 10 8月2020 23:46
    0
    すぐに終わりを示します。 さて、ハルキンゴルについて思い出すと。 広島のことを思い出すと大変なことになります。
  8. meandr51 Офлайн meandr51
    meandr51 (アンドレイ) 18 8月2020 11:47
    0
    次の紛争では、日本は永遠に消えます。