中国がロシア連邦との国境近くにある特に危険なウイルスの研究のために実験室を開く


中国は、2026年までに非常に危険なウイルスの研究のために360つの研究所を開設する予定です。 そのうちのXNUMXつは、ロシアのプリモルスキー地域からXNUMXキロ離れたハービンにあります。


ハービン研究所は、現在世界で猛威を振るっているパンデミックの原因となっているこれらのウイルスの中で最も危険なものを含む、ズーノティック感染に対処します。

中国には、そのような研究所がまだXNUMXつあります。それは、悪名高いウーハンにあります。 ウーハンセンターは、研究機関のネットワークのリーダーとなり、国際協力、特に国連との協力を組織します。 XNUMXつの新しい研究所がウイルス研究に参加します。

ウイルス研究プログラムの開発は、国の地域での致命的な感染の発生率の増加に関連して中国当局によって開始されました。 特に、モンゴル近郊の州では、最近、ブボニックペストの発生が指摘されています。 モンゴル内陸部(中国北西部)の自治区では、XNUMX月上旬に地元の羊飼いがこの恐ろしい病気に感染しました。

今年の終わりまで、この地域では第XNUMX度の治安体制が導入され、ペストの潜在的な保因者である動物からの肉の消費が禁止され、疑わしいすべての症例を住民に報告する必要があります。 これはBBCによって報告されました。
  • 使用した写真:https://pixabay.com/
1 コメント
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. Michael1950 Офлайн Michael1950
    Michael1950 (マイケル) 6 8月2020 10:36
    -1
    したがって、ロシア市民は、BCGワクチン接種によるすべてのウイルス性疾患に対する免疫を持っています! ウィンク
  2. コメントは削除されました。