「そして誰もが沈黙している」:ウクライナはNATO演習を混乱させるための黒海でのロシアの行動に憤慨している


黒海の水域はロシアの完全な管理下にあります。 同時に、米国はそれについて何もできません。 これは、「黒海地域の課題と脅威」というトピックに関する国際オンライン円卓会議の専門家が到達した結論です。


話し合いの中で、ウクライナの「社会活動家」はモスクワの「陰湿な」行動に憤慨した。 たとえば、トルコの小川を建設した、Black SeaSecurity誌の編集長であるNGOCenter for Global Studies StrategyXXIの責任者であるMikhailGoncharの意見では、ロシアはガスパイプラインに監視システムを設置することで水中空間を制御しました。

ロシアがNordStream 2の建設を完了した場合、バルト海でも同じことが起こります。 これにより、NATOよりも有利になります。 これは、このプロジェクトの破壊に関する米国の立場を支持する別の議論です。

-ポッターは確かです。

ゴンチャーは、ロシア人が毎年恒例の潮風運動のために到着した船を、ウクライナが独自に考えているクリミア近くの排他的な海域から押し出したことを思い出した。

同時に、クリミアの専門家、非営利団体Mai​​dan of Foreign Affairsの責任者、BlackSeaNewsの編集長、Marine EnergyPlatformのコーディネーターであるAndreiKlimenkoは、演習中に起こったことを「前例のない出来事」と呼びました。

この状況は21月22日からXNUMX日でした。 それ以来、誰もが沈黙を守っており、米国第XNUMX艦隊またはNATOコマンドからの反応はありません。 昨年、彼ら(ロシア人編)は海のそよ風をわずかに上回り、運動が計画されていた地域を封鎖した。 作戦の主催者は、他のエリアが重ならないように閉鎖することを余儀なくされました。 今年、ロシアは初めて重複する状況を作り出しました。 そして、誰もが黙っていた

-クリメンコは指摘した。

その後、クリメンコは、キエフが独自の空軍、海軍、「ミサイルシールド」を取得するまで、ウクライナを自分たちでカバーするよう要請して、米国と同盟に訴えることを申し出た。 専門家は彼らの船が毎日黒海をパトロールすることを望んでいます。


このイベントは、プロジェクト「非政府関係者のより大きな関与による黒海地域の安全保障への支援」の枠組みの中で、Ukrinformインターネットサイトで開催されたことに注意する必要があります。 そのお金は、それ自体がドイツマーシャル基金(米国)のプロジェクトであるルーマニアの黒海信託基金によって割り当てられ、店の同僚を巻き込んだウクライナのNGO「グローバル研究センター」戦略XXIの助成金を食べる人によって「習得」されます。
  • 使用した写真:http://mil.ru/
33 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. オレグシュリアピン (オレグシュリアピン) 4 8月2020 22:33
    -5
    すべての「ニュース」はそのようなものですか?
  2. Boriz Офлайн Boriz
    Boriz (ボリス) 4 8月2020 23:56
    +10
    そして、誰もがゴンチャーとクリメンコの意見にひどく興味を持っています。 そしてまた一般的にウクライナ。
  3. Roarv Офлайн Roarv
    Roarv (ロバート) 5 8月2020 01:21
    +12
    あなたが生まれつきルーマニア人、トルコ人、ブルガリア人、モルドバン、アメリカ人、EU市民であるかどうか...あなたが17-20世紀に歴史を教えたなら。
    ロシアが黒海の海に入った瞬間から-黒海の水域は常にロシアの射撃場でした-黒海艦隊..沈む、失敗する、燃える、覚えている何か...-水滴ごとに、ロシアの提督と船員の海軍司令官のオーラがあります..。
  4. Alekey Glotov Офлайн Alekey Glotov
    Alekey Glotov (alexey glotov) 5 8月2020 02:43
    +4
    もちろん...凶悪犯の群衆が所有者の中庭に登りました...鼻を鳴らしました...当然そうです。
  5. 汚泥 Офлайн 汚泥
    汚泥 (リアナケム) 5 8月2020 06:00
    +6
    外務の乙女? 脳の乙女。
  6. クズミッチ・シビリヤコフ (クズミッチ・シビリヤコフ) 5 8月2020 11:49
    +3
    そして、何、ukrobandersはまだガチョウが豚の同志ではないことを理解していませんか? 海外のガチョウはすでに豚を飼っており、顔の前にクッキーを結んでいます。 彼女をあなたのチームに含めますか? 何の名の下に? ブロックヘッドだけでなく、キューブ内のブロックヘッドは、何かが起こった場合に何が彼らを脅かすのかを理解しません。 トルコはNATOのメンバーでありながら、トルコ人はすでにロシアに対する援助のシェイクオフと、それを自分たちで整理するという申し出を受けています(彼らが私たちのSu-24を撃墜したとき)。
  7. ヴァレリー・クズミン (ヴァレリー・クズミン) 5 8月2020 13:06
    +5
    ロシアの海は永遠にロシアのままです。
    1. オレグシュリアピン (オレグシュリアピン) 5 8月2020 19:56
      -4
      ロシア人ですか? それとも、あなたが自分で行くことができたのはロシアのすべてですか? 第一に、記事自体が偽物であり、第二に、最初から進んで、ウクライナは憤慨を表明していません。第三に、長さ約2500kmの黒海の海岸線はまったく「ロシア」ではありません。 さらに、NATO諸国の海軍のサイズはロシアの黒海艦隊よりもはるかに大きいです。 そして、この海からの出口は、NATO国によって管理されています。 そして、この出口の背後にあるものも。 笑い
      1. zapolyarniy_kazakmail.ru (ナタリア・ドゥリナ) 5 8月2020 22:43
        +3
        ロシア-この海は10世紀に呼び戻されました! ですから、トルコのズボンを無理矢理引き剥がすことができるだけですが、それを変えることはできません! そして私が勉強していたなら、1877年にロシアと艦隊にはボートしかなく、それから彼女はトルコの艦隊を港に運転し、そこから彼は鼻さえ見せなかったことを知っていました!
        1. コメントは削除されました。
      2. ビャチェスラフ・エゴロフ (Vyacheslav Egorov) 6 8月2020 22:37
        +1
        「Mowgli」を見ましたか? ここウクライナはジャッカルタバキです。
  8. オレグシュリアピン (オレグシュリアピン) 5 8月2020 22:48
    -2
    引用:zapolyarniy_kazakmail.ru
    ロシア-この海は10世紀に呼び戻されました! ですから、トルコのズボンを無理矢理引き剥がすことができるだけですが、それを変えることはできません! そして私が勉強していたなら、1877年にロシアと艦隊がそれを持っていなかったことを知っていました、ボートだけそしてそれから彼女はトルコの艦隊を港に運転しました、そこから彼は彼の鼻を見せませんでした!

    ロシア連邦の人々にとって、「ロシア」という言葉は、ビザンチンの皇帝コンスタンティン・ポルフィロゲニトゥスの下で使用された古代ギリシャ語からのロシアの名前の翻訳です。 国の名前として、それは現代の年代学に従って1年2月1721日にすでにピーターXNUMXによって提案されました。 当時、RIは黒海にアクセスできませんでした。
    1. macsim.mysl Офлайн macsim.mysl
      macsim.mysl (Macsim MYSL) 6 8月2020 00:37
      +2
      ピーターIのアゾフキャンペーンがあったときの黒人への出口と平和条約の下で私たちが受け取ったものについて読んでください。さらに、1556年の書記官リジェフスキーのキャンペーンを思い出すことができます。ルス王国は1547年に最初のロシア皇帝になったイワンIVによって宣言されましたが、そこには何がありましたか一文字、ロシア語の規則の変更に過ぎません。
      ラスギリシャ語訳pf、なぜこれは理論のXNUMXつにすぎないと言わなかったのですか。 同じ成功で、ロシアはスカンジナビア人、フィンランド人、イラン人、スラブ人から生まれる可能性があります。 たとえば、Rusという言葉はスカンジナビア人だと思います。結局のところ、Rurikはスカンジナビア人だったので、彼が私たちを何と呼んだかは誰にもわかりません。 ギリシャ人はコンスタンティンの誕生のXNUMX年前に私たちの部族をルスと呼びました。
    2. ltc22A Офлайн ltc22A
      ltc22A (ドミトリー) 6 8月2020 07:56
      0
      ウクライナ出身の方へ:「ウクライナ」-ポーランド語(ロシア語、旧ロシア語)からの翻訳の郊外
      1. コメントは削除されました。
  9. オレグシュリアピン (オレグシュリアピン) 5 8月2020 22:54
    -2
    引用:スラッジ
    外務の乙女? 脳の乙女。

    いいえ、帝国の特異性の現象。
    1. ハウス25スクエア 380 (ハウス25Sq。380) 6 8月2020 00:44
      +2
      国の名前としての「ロシア」という言葉は、現代の年代学によれば、1年2月1721日にすでにピーターXNUMXによって提案されました。

      準備の優秀な学生がXNUMXマイル離れて見られます...

      Tsar Theodore Ioannovich(1584)のタイトルの始まりを引用します。

      神の恵みによって、すべてのロシアのソブリン皇帝と大公フョードル・イワノビッチ..。
      1. オレグシュリアピン (オレグシュリアピン) 6 8月2020 11:35
        -1
        そして、それはどの言語で書かれていますか? ビレイ 彼らはUSSRについて何も言及していませんか? 笑い
        1. ハウス25スクエア 380 (ハウス25Sq。380) 6 8月2020 13:11
          +1
          ウクライナ人が何を主張しようとも、それは常に男性がピアノで演奏することで終わります...
          クレムリン博物館には、1494年からラテン語で作られたジョンヴァシリエヴィッチの称号を含む、スパスカヤタワーの大理石の門のスラブが含まれています...
          テキストは次のとおりです。

          Ioannes [、] Vasilii [filius、] Dei gratia magnvsdvxVolodimeriæ[、]Moscoviæ[、]Novogardiæ[、]Tiferiæ[、]Plescoviæ[、]Veticiæ[、]Ongariæ[、] Permiie [、]Bvolgarstiviæetエイリアスue]、Raxiæd[omi] nvs [、] an [n] o 30 imperii svi has tvrres co [n] dere f [ecit] et statvit Petrvs Antonivs Solarivs Mediolanensis an [n] on [ativit] a [tis] D [omi] ni 1491 K [alendis] M [artiis] i [ussit] p [onere]。

          翻訳:

          ジョン・ヴァシリエヴィッチは、神の恩寵により、ウラジミール大公、モスクワ、ノヴゴロド、トヴェリ、プスコフ、ヴィャトカ、ユゴルスク、ペルム、ブルガーなどの土地、そしてすべてのロシアの主権者が、彼の治世の30年目に、これらの塔の建設を命じ、そして建設しました。ミラネーゼのピーター・アンソニー・ソラーリは、1491年にXNUMX月のカレンダーで主の化身から横たわるように命じられました。
          1. コメントは削除されました。
          2. ハウス25スクエア 380 (ハウス25Sq。380) 6 8月2020 13:52
            0
            アーチの内側には同じスラブがロシア語でありました...
            または、たとえば、別のIvanVasilievichのタイトル-ひどい...
            碑文は1561年に63枚の銅板に作成され、1753年まではミドルゴールデンチャンバーのフリーズに配置されていました。 現在、これらのプレートはクレムリン博物館にも展示されています。
            それは次のように読みました:

            7069年XNUMX月の夏、敬虔でキリストを愛する皇帝と全ロシアのジョン・ヴァシリエヴィッチ大公、ウラジメルスキー、モスクワ、ヌーゴロドスキー、カザンの皇帝、アストラカンの皇帝、プスコフの主権者、トヴェリの大公、ユゴルスキー、ペルム、ヴィアツキー、ブルガリアなどの命令によりセントジョージと他の都市、彼の高貴な子供たちとすべてのロシアのオートクラットのツァレヴィッチイワンとツァレヴィッチセオドアイオアンノヴィッチ。
            1. オレグシュリアピン (オレグシュリアピン) 6 8月2020 15:59
              -2
              繰り返します-あなたは本当にあなた自身のおとぎ話を信じています 良い
          3. オレグシュリアピン (オレグシュリアピン) 6 8月2020 15:55
            -2
            はい、はい-「IvanVasilyevichが彼の職業を変える」のように。 仲間
            1. ハウス25スクエア 380 (ハウス25Sq。380) 6 8月2020 20:26
              +1
              ディリーで何をするにしても、彼らは第95四半期に頑固にプレーします...
              モスクワクレムリンを訪れる人は誰でも、ボリスゴドゥノフの治世中に追加されたイワングレートベルタワーのポンメルを飾っている金色のメーター文字を見ることができます。彼は彼のタイトルの名前を残すように命じました。

              聖三位一体の意志により、全ロシアの大皇帝と大公ボリス・フョードロヴィッチの指揮により、オートクラットと彼の忠実な偉大な主権者である全ロシアのフョードル・ボリソヴィッチ王子の息子により、この寺院は完成し、州の第108夏に金メッキされました。

              しかし、もちろん、ディルの準備をした人にとっては、この文章を理解することは不可能です。したがって、1721年のピーター・アレクゼーヴィッチの下での「ロシア王国」から「ロシア帝国」への国家政府の形態の変化について、「ロシアという言葉の出現について」として粘り強く話し続けます。国名で "...)))
          4. コメントは削除されました。
          5. コメントは削除されました。
  10. ozv Офлайн ozv
    ozv (オレグZ) 6 8月2020 20:49
    +1
    そしてアメリカは、カリブ海でキューバと共同で演習を行ってもかまいませんか?
    1. オレグシュリアピン (オレグシュリアピン) 6 8月2020 22:07
      -1
      キューバと一緒に過ごします。
  11. ビャチェスラフ・エゴロフ (Vyacheslav Egorov) 6 8月2020 22:44
    +1
    引用:オレグシュリアピン
    引用:zapolyarniy_kazakmail.ru
    ロシア-この海は10世紀に呼び戻されました! ですから、トルコのズボンを無理矢理引き剥がすことができるだけですが、それを変えることはできません! そして私が勉強していたなら、1877年にロシアと艦隊にはボートしかなく、それから彼女はトルコの艦隊を港に運転し、そこから彼は鼻さえ見せなかったことを知っていました!

    ロシア連邦の人々にとって、「ロシア」という言葉は、ビザンチンの皇帝コンスタンティン・ポルフィロゲニトゥスの下で使用された古代ギリシャ語からのロシアの名前の翻訳です。 国の名前として、それは現代の年代学に従って1年2月1721日にすでにピーターXNUMXによって提案されました。 当時、RIは黒海にアクセスできませんでした。

    少なくとも1549年からのSigismundvon Herbersteinの著作をチェックしてください-現在ロシアを所有している主権者のうち、主なものはモスクワの大公であり、彼はそのほとんどを彼の支配下に置いています。 XNUMX番目はリトアニアの大公、XNUMX番目はポーランドの王であり、現在ポーランドとリトアニアの両方を統治しています。
    1. オレグシュリアピン (オレグシュリアピン) 7 8月2020 09:33
      0
      私はあなたのモクシャ沼の話には興味がありません。 笑い
      1. ハウス25スクエア 380 (ハウス25Sq。380) 7 8月2020 12:44
        +1
        そうです、そうです!

        別の「モクシャ沼からのおとぎ話」
        (Ivan theTerribleからスウェーデンの王Johanへの手紙から):

        ロシア王国のスキフホルダー、偉大な主権者、皇帝、そしてすべてのロシアの大公イワン・ヴァシリエヴィッチの恵みと力と欲望による神の(...)存在(...)私たちの威厳の程度を正直に、私たちの言葉は聖とゴッツの王であるヤガンにありますとVendy..。
        パイダ市のリヴォニアの土地の私たちの遺産、lѣta7081、6月の1、起訴40、私たちの支配26、そして私たちのロシア王国XNUMX ..に書かれています。

        または、たとえば、そのような「おとぎ話」(イワン・ザ・テリブルの個人的なメッセージから、チェコ共和国からのプロテスタントの説教者、ポーランドの王の大使館とプロテスタント主義を擁護し、正統派に反対するスピーチを行った皇帝のレセプションにいたヤン・ロキタまで):

        そして将来、あなたは私たちの国であなたのこの教えを発表しないでしょう。 そして、私たちの主イエス・キリストのことについて、私たちはすべての救い主に祈ります。そうすれば、私たちロシアの一族はあなたのネヴリアの暗闇から救われるでしょう。 栄光は彼の永遠の息子と聖霊と共に父に買い取られます。 アーメン。
  12. 抗生物質 Офлайн 抗生物質
    抗生物質 (セルゲイ) 7 8月2020 10:00
    0
    ..キエフが独自の空軍、海軍、「ミサイルシールド」を取得するまで、ウクライナを自分たちでカバーするよう要請して、米国と同盟に訴えること。

    まあ、子供のように! USSRを去った後、ウクライナは非常に大きな「独自の」海軍、海軍、ミサイルの盾を持っていました。 私たちはさらに構築し、開発します-誰も干渉しませんでしたが、逆に-彼らは完全に助けました。 そして最後に? しかし、誰もがそれを無駄にしました....そして今、経済が殺され、教育が怠られ、完全に腐敗している今、彼らはどのように「獲得」するのでしょうか? ああ、そうだ! 聞いて!
    1. オレグシュリアピン (オレグシュリアピン) 7 8月2020 19:58
      -1
      1.小さな腕

      イスラエルの許可の下、ウクライナ製の「砦」

      https://yandex.ua/video/preview/?filmId=2944406555106296181&text

      米国ライセンスウクライナのマシンWAC-47

      https://yandex.ua/video/preview/?filmId=9564662301159076795&text

      自動機「キッド」、ウクライナ

      https://yandex.ua/video/preview/?filmId=10242483666669700167&text=

      小型武器ライフル「Zbroyar」、ウクライナ

      https://yandex.ua/video/preview/?filmId=3771172819784530571&text=
      https://yandex.ua/video/preview/?

      2.ボートの建設

      https://yandex.ua/video/preview/?filmId=18016857680551924578&text

      3.空軍

      108- 15年に12億ドルでアメリカの2021F-2030を購入
      https://yandex.ua/video/preview?wiz_type=vital&filmId=7468672600821846371&text
    2. オレグシュリアピン (オレグシュリアピン) 7 8月2020 20:09
      -1
      OTRK「Thunder-2」

      https://yandex.ua/video/preview/?filmId=4604877330751545555&text=%

      CR「ネプチューン」



      MLRS「アルダー」





      MLRS「台風-1」



      修理。 既存のヘリコプターの近代化と近代化



      そして飛行機

    3. オレグシュリアピン (オレグシュリアピン) 7 8月2020 21:20
      -1
      ボート「Centaur」



      ボート「ギュルザ-M」

    4. オレグシュリアピン (オレグシュリアピン) 7 8月2020 22:51
      -1
      1.ウクライナがソ連から得たものは30歳以上です。
      2.多くの種類の軍事生産、および一般的な機械工学は、主にRSFSRとの支店間協力によって、ウクライナのSSRに組み込まれ、クローズドサイクルはありませんでした。
      3.ウクライナは、国家の安全と領土の完全性の保証の下でブダペスト覚書に署名し、多くの種類の軍事生産を開発しませんでした。
      4.現在、新しい生産設備の調達に基づいて、新しいタイプの生産が作成されています。
      5.私たち自身の力による武器と軍事装備の生産は、私たち自身の能力と差し迫った任務に基づいて最適化されています。

      近年のウクライナの軍事予算は8〜10億ドルに達しています。 同時に、ウクライナは5年間で約700億ドルの軍事援助を受けています。 2020年の米国からの軍事援助額は250億2021万ドルで、300年にはXNUMX億ドルが計画されています。

      軍事予算から、ウクライナは他の国からの外国の武器と軍事装備の購入に約10%を費やしています。

      ウクライナでの武器開発:
      1.ミサイル兵器
      A)アンチタンクミサイル、ガイド付きミサイル、および「Stugna-P」「Skif」などの航空用ガイドなしミサイルの開発と製造。 有望な開発は、Molniya-1超音速対艦航空機ミサイル、R-27およびR-29ミサイルの近代化です。
      B)MLRS「Typhoon-1」(最大40 km)、「Alder」(最大70 km)、「Alder-R」(最大90 km)、「Alder-M」(最大120 km)、「Alder-M1」の開発そして「Alder-M2」-構成に応じて140,160、200、40km。 将来のシステム「Verba」と「Berest」(最大2 km)、「Typhoon-65」(最大4 km)、「Typhoon-280」から最大XNUMXkm。
      C)構成に応じて、280、2、280 kmの範囲のクルーズミサイル「ネプチューン」(最大500 km)、OTRK「グロム-750」の開発。 有望な開発は、Sapsan中距離弾道ミサイル(1200-1500 km)、Korshun-2運用戦術クルーズミサイル(最大480 km)、および有望な中距離複合クルーズミサイル(名前は非公開)です。 OTRK「Tochka」と「Tochka-U」の近代化-430台。
      D)R-27、Alder-M、およびDnepr-1ミサイルに基づく防空システムの開発-2つのミサイルは2021年にテストの準備が整います。
      E)米国から購入-RPG-7ショット用のアンチタンクグレネードランチャー、ATGM「ジュエリン」、アンチシップミサイル「グリフィス」(2020年後半以降)の購入が計画されています。
      E)防空システム「オサ」、「キューブ」の修理と近代化。 S-125「ペチョラ」S-300ソビエト製-すべてのタイプのミサイルは約1000個のみ。
    5. コメントは削除されました。
  13. オレグシュリアピン (オレグシュリアピン) 7 8月2020 22:54
    -1
    引用:antibi0tikk
    ..キエフが独自の空軍、海軍、「ミサイルシールド」を取得するまで、ウクライナを自分たちでカバーするよう要請して、米国と同盟に訴えること。

    まあ、子供のように! USSRを去った後、ウクライナは非常に大きな「独自の」海軍、海軍、ミサイルの盾を持っていました。 私たちはさらに構築し、開発します-誰も干渉しませんでしたが、逆に-彼らは完全に助けました。 そして最後に? しかし、誰もがそれを無駄にしました....そして今、経済が殺され、教育が怠られ、完全に腐敗している今、彼らはどのように「獲得」するのでしょうか? ああ、そうだ! 聞いて!

    1.ウクライナがUSSRから受け継いだものは30歳以上です。
    2.多くの種類の軍事生産、および一般的な機械工学は、主にRSFSRとの支店間協力によって、ウクライナのSSRに組み込まれ、クローズドサイクルはありませんでした。
    3.ウクライナは、国家の安全と領土の完全性の保証の下でブダペスト覚書に署名し、多くの種類の軍事生産を開発しませんでした。
    4.現在、新しい生産設備の調達に基づいて、新しいタイプの生産が作成されています。
    5.私たち自身の力による武器と軍事装備の生産は、私たち自身の能力と差し迫った任務に基づいて最適化されています。

    近年のウクライナの軍事予算は8〜10億ドルに達しています。 同時に、ウクライナは5年間で約700億ドルの軍事援助を受けました。 2020年の米国からの軍事援助額は250億2021万ドルで、300年にはXNUMX億ドルが計画されています。

    軍事予算から、ウクライナは他の国からの外国の武器と軍事装備の購入に約10%を費やしています。

    ウクライナでの武器開発:
    1.ミサイル兵器
    A)アンチタンクミサイル、ガイド付きミサイル、および「Stugna-P」「Skif」などの航空用ガイドなしミサイルの開発と製造。 有望な開発は、Molniya-1超音速対艦航空機ミサイル、R-27およびR-29ミサイルの近代化です。
    B)MLRS「Typhoon-1」(最大40 km)、「Alder」(最大70 km)、「Alder-R」(最大90 km)、「Alder-M」(最大120 km)、「Alder-M1」の開発そして「Alder-M2」-構成に応じて140,160、200、40km。 将来のシステム「Verba」と「Berest」(最大2 km)、「Typhoon-65」(最大4 km)、「Typhoon-280」から最大XNUMXkm。
    C)構成に応じて、280、2、280 kmの範囲のクルーズミサイル「ネプチューン」(最大500 km)、OTRK「グロム-750」の開発。 有望な開発は、Sapsan中距離弾道ミサイル(1200-1500 km)、Korshun-2運用戦術クルーズミサイル(最大480 km)、および有望な中距離複合クルーズミサイル(名前は非公開)です。 OTRK「Tochka」と「Tochka-U」の近代化-430台。
    D)R-27、Alder-M、およびDnepr-1ミサイルに基づく防空システムの開発-2つのミサイルは2021年にテストの準備が整います。
    E)米国から購入-RPG-7ショット用のアンチタンクグレネードランチャー、ATGM「ジュエリン」、アンチシップミサイル「グリフィス」(2020年後半以降)の購入が計画されています。
    E)防空システム「オサ」、「キューブ」の修理と近代化。 S-125「ペチョラ」S-300ソビエト製-すべてのタイプのミサイルは約1000個のみ。

    2.空軍
    A)ソビエト製航空機Su-24、Su-25、Su-27、MiG-29、L-39の修理、近代化、再モーター化。 An-26、Il-76-すべてのタイプの合計286機。
    B)ソビエト製ヘリコプターMi-2、Mi-8、Mi-24の修理、近代化、再モーター化-すべてのタイプの約70ユニット。
    C)エアバスインダストリーが製造したさまざまなタイプのヘリコプターの購入-48ユニットが購入され、さらに80ユニットの購入が計画されています。
    D)2022年から2030年の間に、最新の改造を施した108台の新しいアメリカのF-15戦闘機を約12億米ドルで購入する問題が検討されています。
    E)ウクライナのヘリコプターMSB-2「Nadezhda」とMSB-Otamanに基づく軽戦闘パトロールと補助ヘリコプターの開発。

    3.海軍
    A)ボート「Gyurza-M」と「Kentarv」の建設。
    B)OCEAボートのフランスライセンスに基づくリリース
    C)米国から12隻の新しいボート「Mark-6」(650ドル)とフランスの生産OSEAの20隻の新しいボート(150億28万ドル)を購入します。 米国との契約には、XNUMX隻のボート用の最新の砲兵およびミサイル兵器の購入が含まれています。
    D)米国からの軍事援助として4つの新しいムンク-6ボートと6つの古いアイランドボートを受け取る。 アメリカの砲兵システムと反船ミサイルで武装します。
    E)ネプチューン反船ミサイルの3つの大隊の配備と、それに続くミサイルシステムの倍増。

    4.戦車、装甲人員運搬車、軍用車両
    A)ソビエトタンクT-64、T-72、T-80の修理、近代化、再モーター化。 T-55のプロジェクトがあります-最初のプロトタイプはすでに作成されています。
    B)BTR-2タイプのソビエト装甲人員運搬船の修理、近代化および再モーター化。 BTR-80など
    C)ウクライナデザインのBTR-3およびBTR-4の製造
    D)KrAZ、Kozak、Bogdan-Motorsをベースにしたウクライナデザインの新しい軍用車両の生産。
    E)軍事援助としての米国からのハンビー車両および英国からのサクソン車両の受領
    E)新しいものの開発が進行中です。 有望なBMP

    5.小さな武器と砲兵。
    A)小型武器のラインの生産をマスターしました-イスラエルと米国からのライセンスの下でピストル。 ピストル、自動武器。 スナイパーライフルを含む自動ライフル。 と軽いマシンガン、
    B)ピストル、マシンガン、スナイパーライフルなどのクラスの武器の独自のモデルを開発しました。 大口径のものを含む。
    C)米国からの支援を受けた-大口径のスナイパーライフル、カナダ-通常口径のスナイパーライフル、リトアニア-PMピストルとソビエト製カートリッジの製造
    D)米国とドイツから購入したスナイパーライフルとサブマシンガン
    E)ウクライナ軍の部隊にあるソビエトの小型武器を、ウクライナおよび外国の武器に段階的に交換することが行われている。
    E)いくつかのタイプのモルタルと銃のバレルの生産を習得した。 NATO規格を含みます。