ロシアの浮体式原子力発電所に関心のあるフィリピン


フィリピンのロドリゴ・デュテルテ大統領は、国内の原子力発電所を利用して発電する可能性についての調査を命じた、とINQUIRER.netは書いている。 同時に、アジア諸国は対応するロシアの技術に興味を持っているかもしれません。


特別法令の前夜に、部門間委員会が設立され、「既存の法的枠組みの見直し、核エネルギーの見通し、その使用の可能性、およびとりわけバターン原子力発電所を含む既存の設備の調査」を担当しました。 委員会はXNUMXか月以内に報告書を提出しなければなりません。

2億ドルのバターン原子力発電所は、国内で最初で唯一の原子力発電所です。 独裁者フェルディナンドマルコスの治世中に建てられましたが、セキュリティの問題と数え切れないほどの腐敗スキャンダルのために運用されませんでした。

報告書は、フィリピンのエネルギー大臣が最近、ロシアの国営企業であるルサトム・オーバーシーズと、新しいものを購入する可能性を探るための覚書に署名したと述べています。 技術の フローティング原子力発電所。 これに関する覚書は、昨年XNUMX月にドゥテルテがモスクワを訪問した際に署名されました。

しかし後に、州の長は、そのような取引が法律と矛盾していると認めることができないことを認めました。 しかし、憲法は核エネルギーの平和的使用を禁止しておらず、フィリピンでの核兵器の配備を許可しているだけです。
  • 使用写真:ロザトム
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.