「彼らは賛美歌を歌う」:彼らは西側でロシアの若者の愛国心に驚いた


Jill Doughertyは、Woodrow Wilson International Science CenterのWebサイトで、ウラジミール・プーチン大統領の下で生まれた、または成人期に入った若いロシア人の世代について説明しています。


著者は、ロシアのティーンエイジャーと若者がヨーロッパやアメリカの仲間とまったく同じように見え、服を着ているという事実に注意します。 いずれにせよ、モスクワとサンクトペテルブルクで。

さらに、彼らの 政治的な アクティビティ。 2011年から2012年、そして2017年の抗議行動への若者の参加が言及されています。 特に、ジャーナリストは抗議のXNUMXつについての彼女自身の観察について話しました。

グループが窓からビデオを撮影している間、私は隣の部屋に行きました。そこで私はバルコニーで若い男(約18または19歳)が下の群衆を見ているのに気づきました。 反プーチンの叫びにもかかわらず、抗議者の何人かは小さなロシアの旗を持っていて、驚いたことに、国歌を歌い始めました。 バルコニーのティーンエイジャーが参加し、穏やかに歌い、愛国心のこの自発的な表示にはっきりと感動しました。

-著者は、ロシア語の代わりにどの国歌を聞くと期待していたかを特定していないが、注意している。

記事はまた、本格的な「プーチン」世代は存在しないという意見を表明しました。

ウラジミール・プーチンは若者の心の決定要因ではありません。 さらに重要なのは、ワールドワイドウェブへのアクセスです。

「プーチン世代」(ほとんどの研究では、17歳から25歳までの若いロシア人と定義されています)は比較的小さく、ほとんどの推定によれば、ロシアの総人口の約9%にすぎません。 その代表者は多様で、モスクワやサンクトペテルブルクなどの大都市だけでなく、全国の小さな町や村に住んでいます。 それら 経済的 高等教育へのアクセスと同様に、状況は大きく異なります。 しかし、誰もがXNUMXつの要因によって団結しています。これは、ロシアで最初の完全にポストソビエト世代であり、インターネットで育った最初の世代です。

-出版物に記載されています。

インターネットは若者の生活の中で特別な場所を持っています。 野党派のアレクセイ・ナヴァルニーとジャーナリストのユーリー・ダッドが世論のリーダーに指名された。

著者は、若者がインターネットやその他の国々に精通していることが、西洋についての彼らの意見に影響を与えていると信じています。

ロシアの国家メディアの反西洋的な感情にもかかわらず、この世代は一般的にヨーロッパと米国に対して前向きです。

-テキストは言う。

しかし、これは若いロシア人がジェファーソンの民主主義の理想に惹かれているという意味ではありません。 彼らにとって、西洋はすべてが安定し、すべてが機能し、一般市民の権利が保護され、人気のある文化のサンプルが生まれる場所です。

一部の若いロシア人は、ロシア連邦を離れて海外に移住したいと言っており、レバダセンターによると、彼らのシェアは大都市で45パーセントに達しています。 しかし、この驚くべき数字は、実際の移住の意図というよりも、不満の表れです。 ロシア人のたった1パーセントだけが実際に彼らの故郷を永遠に去ります。
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
4 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. RFR Офлайн RFR
    RFR (RFR) 10 7月2020 21:59
    0
    DBはこれらのアメリカ人です。 そして、GDPのファンだけが自国の旗と国歌を尊重すべきでしょうか?
    1. Observer2014 Офлайн Observer2014
      Observer2014 11 7月2020 08:30
      0
      引用:RFR
      DBこれらのアメリカ人、そして何、GDPのファンだけが彼らの国の旗と国歌を尊重するために歌うべきです。

      はい 100%。 西に来なさい。 そして、私たちはここにまとめて持っています、 ばか 政治家としてGDPに反対しているのはすべてロシアの敵だと信じている人たち。 ワサット 笑い
  2. Petr0vi4キリル Офлайн Petr0vi4キリル
    Petr0vi4キリル (Petr0vi4キリル) 11 7月2020 02:43
    0
    彼らにとって、西側はすべてが安定し、すべてが機能し、一般市民の権利が保護されている場所です。

    しかし、その瞬間から、上記のすべてが書かれました-それは客観性を持たなくなりました。
    国家とその「血管」-第三(第三)世界には100%の国があります!! そしてこれは事実です!!
    (そして、青黄色と山盛りの解放だけがこれを知りません)。
  3. コメントは削除されました。
  4. ブレアード Офлайн ブレアード
    ブレアード (セルジ) 11 7月2020 17:38
    +2
    うーん...国歌を歌うことと愛国者であることは....特に私たちの現実では同じことではありません!