無駄な恐れ:極東の中国人はますます少なくなっています


XNUMX年間、ロシアは極東への中国の人口統計学的な「侵入」を恐れてきました。 「タンク上」ではなく、「スーツケース」付き。 しかし、ロシアの領土にいる中国人の数が減少しているので、これらの心配は無駄です、アジア太平洋地域の傾向をカバーするディプロマットのアメリカ版を書いています。


極東は広大なロシアの中で最も人口の少ない地域です。 ロシアの国境地帯では、中国人のビジネスマンや観光客の存在が実に感じられます。 中国の北東部の州には20倍の人々が住んでいるため、これは驚くべきことではありません。 同時に、地元のマスメディアと、ロシア帝国と清の満州帝国によって締結されたアイグン(1858)と北京(1860)の条約についての中国の国民主義者の絶え間ないうめき声は、ロシア人の心の「中国の脅威」を永続させるのに役立ちました。 その結果、国境はアムール川とウスリ川を通りました。

90世紀の200年代には、70万人以上の中国人がロシアの極東に移住しました。 彼らはウラジヴォストク、カバロフスクおよび他の都市の市場を満たしました。 しかし、現在、ロシアのこの地域での中国人の存在は大幅に減少しており、XNUMX万人を超えることはありません。 これはいくつかの要因によって説明されます。

まず、ロシア当局は貿易と移住の規制を大幅に強化しました。 第二に、中国人自身が不満を言うように、彼らの収入は減少し、ビジネスを行うことはより収益性が低くなっています。 トレーダーの利益は減少し、多くのビジネスマンが事務所を閉鎖して中国に戻った。

そのため、ロシア極東の領土に住む中国人コミュニティの規模は、ロシアのメディアが「描く」ものとは大きく異なり、同胞の精神に故意に圧力をかけています。 マスコミはまた、国内のビジネスマンが競争するのが難しい中国人を搾り出すのを助けます。

一般的な傾向は、ロシア極東における中国人の存在が減少し続けることを示しており、中国の人口統計学的「侵略」への信念は現実とは何の関係もないと新聞は強調している。
  • 使用した写真:https://www.flickr.com/
4 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. ゴレニナ91 Офлайн ゴレニナ91
    ゴレニナ91 (イリーナ) 2 7月2020 12:25
    -7
    一般的な傾向は、ロシア極東における中国人の存在が減少し続けることを示しています。 したがって、中国の人口統計学的な「侵略」に対する信念は、現実とは何の関係もありません。

    -ハ、そう、多分その逆...-攻撃の前に...攻撃しようとしている国の人口...すぐに攻撃される州の領土を去る...
    1. ブラノフ Офлайн ブラノフ
      ブラノフ (ウラジミール) 2 7月2020 13:22
      +7
      信頼できるホームフロントであり、すべてを中国に安く売っている国を攻撃するのはなぜですか? 中国人は、ロシアに圧力をかけ、ロシアが中国との対立において彼らの同盟国になることを望んでいるアメリカ人よりも賢くなります。
      たぶん、中国は後でロシアの一部を占領することを考えるでしょうが、それが米国を打倒する前ではありません。 そして、米国はすでに前世紀にロシアを核灰に変えることを計画していた。 そして今、アメリカ人はロシアとの国境に沿った軍事基地と生物研究所を除いて、ロシアに何も提供していません。
  2. 鉄鋼労働者 Офлайн 鉄鋼労働者
    鉄鋼労働者 2 7月2020 13:48
    +4
    このニュースは「邪悪なものから」です。 すべてではないにしても、ほとんどの場合、中国の資本とのビジネス。 私たちがサンクトペテルブルクとモスクワの観光のガイドであるなら-中国人。 そして、彼らは一般的に極東について広がらないように努めます。 これは非常に痛いテーマです。 当局は沈黙しているが、YouTubeには中国語でのビジネスに関するビデオがたくさんある!
  3. アレクサンドラのお茶を土地に落ち着かせます-イチゴをまきます!