ロシアは新しい放射線漏れの有罪判決を試みている


北極圏でのイベントを専門とするノルウェーのオンライン新聞TheBarents Observerによると、スカンジナビア上空では放射線レベルの上昇が記録されています。


それ(放射性雲編)はロシアから来たと信じられています

-新しい放射線漏れでロシアを捕まえようとして、出版物を書いた。

この出版物は、2年8月2020日から131日の期間に、XNUMXつの放射線監視ステーションがロシア国境近くのノルウェーのキルケネス地域とスバルバード群島の大気中のヨウ素XNUMXを検出したと述べています。

現在、空気監視システムの測定値を非常に綿密に監視しています。

-核および放射線安全DSAの分野でノルウェーの規制機関から述べられています。

DSAは、放射レベルが非常に低く、デバイスの最小感度制限をわずかに超えていることを明らかにしました。

同時に、フィンランド放射線核安全局(STUK)は、16年17月2020〜60日に少量のコバルト、ルテニウム、およびセシウム放射性核種(コバルト-103、ルテニウム-134、セシウム-137、およびセシウム-XNUMX)を記録しました。

現在、レベルの上昇の原因が何であるかを言うことは不可能です。

-スウェーデン放射線安全局(SRSA)の公式声明で述べた。

SRSAは、放射線レベルが低く、人や環境に危険をもたらさないことを強調しました。 明確にするために、すべてのスカンジナビアの機関は情報源について推測することを拒否しました。 さらに、Rosenergoatom Concern JSCは、北西連邦地区のNPPで事故や危険な排出物はなかったと主張しています。

しかし、ノルウェー版は途方に暮れることはなく、「グラントイーター」の生態学者に頼りました。 このように、オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)は、「放射性核種はロシア側から来た」と報告した。 次に、グリーンピースのロシア支部はさらに進んで、放射能の源はロシアの原子炉または使用済み核燃料(SNF)であると発表しました。
  • 使用した写真:https://www.piqsels.com/
5 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. ドミトリーS. Офлайн ドミトリーS.
    ドミトリーS. (ドミトリーサニン) 6月28 2020 16:13
    +4
    ロシアの緑色の文字はもう閉じましたか? エコロジーについてのこれらの悲鳴にどれほどうんざりしているか。 自然を守りたいのなら、足で動植物に触れたり、服を脱いで砂漠に行ったり、愚かな頭に灰をまき散らしたり、水に浮かぶボートから自然を守ったり、伐採された木でできたポスターを振ったりしないでください。自然との一体感についてフェンスにペイントをスプレーしないでください。 偽善者! 腐敗した偽善者!
    1. コンスタンチン・ブリコフ (コンスタンティン・ブリコフ) 6月29 2020 10:25
      +1
      私は完全に同意します。 それはもはや環境のための戦闘機ではなく、強力な政治力でした。 おそらく放射の雲に関しては-それはただナンセンスです。 彼らは何かを意図していましたが、誰が書いたのかははっきりしていません。 そして、ワインのように、すべてが証明されています。 一般的にナンセンス。 私たちの国では何も爆発しませんでした、そしてこれはこのようにロシアの核産業を中傷する最初の試みではありません。
  2. 影 Офлайн
    6月28 2020 16:14
    +2
    多分それは日本から来ましたか? 彼らの原子力発電所が爆発したのを覚えています。
  3. 戦士 Офлайн 戦士
    戦士 6月28 2020 20:26
    0
    これは放射線ではありません-これは米国からのすべてのコロナウイルスです..
  4. セルゲイ・ラティシェフ (サージ) 6月29 2020 10:23
    0
    つい先日、彼らは核巡航ミサイルのテストを発表しました。
    偶然? 私は考えていません。