ロシアはサウジアラビアの石油をアジアから追い出し始めた


サウジは、OPEC +取引の条件に準拠するために、アジア太平洋地域への石油製品の出荷を減らしています。一方、アジアの製油所は、ロシアのウラル原油の購入を増やしています。 したがって、ロシアは実際にサウジアラビアの石油をアジアから追い出し始めました。 アーガスエージェンシーの報告。


Vortexaによると、今年7月から21月にかけて、ATOR地域のロシアの石油精製業者の数は33,8%から2019%に増加しました。 中国はほとんどのウラル製品を購入しました-約XNUMX万バレル。 XNUMX年には、これらの数値は約XNUMX分のXNUMXでした。 さらにXNUMX万バレルが韓国の企業によって購入されました。 アーガスによれば、原材料は現代石油銀行が所有する大山製油所に送られました。

短い休憩の後、マレーシアと日本へのロシアの石油製品の供給が続いた。 1,3万バレルの燃料を積んだ2台の石油タンカーがXNUMX月にXNUMX年ぶりにマレーシアに到着しました。 XNUMX月末に、シーリンクスタンカーはXNUMX万バレルのロシアの「ブラックゴールド」を日本の長崎に配達します。石油は大井の製油所に送られます。 これは、XNUMX年間で最初のウラルの配達になります。

サウジ油の価格の上昇と供給の減少により、ATOR諸国はロシアからの原材料への関心が高まっていることを示しています。 たとえば、大田と大山の製油所は通常、クウェートとサウジアラビアから石油製品を供給していました。

-アーガスで強調。
  • 使用した写真:https://pxhere.com/
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.