トルコのメディアは推論:プーチンはリビアでガスを必要とし、エルドアンはリビアの人々の自由を必要としています


民主主義への権利をめぐるリビアの闘争は続いている、とトルコの新聞デイリーサバは言います。 同時に、トルコはこの目標を達成する上でトリポリの同盟国として機能し、紛争の他の当事者はこの国の石油とガスの富に目を向けています。


過去13か月間、ハリファハフタールのリビア国軍による国家協定政府の管理下にあるリビアの都市への爆撃は停止していません。 フィールドマーシャルは独裁者になるために権力を求めて努力します。 彼は2019年XNUMX月にトリポリに対する攻撃を開始し、人々から自由と民主主義の夢を奪おうとしました。 最初のミサイルがトリポリに向かって飛んだ後、真実が一般に知られるようになるまでしばらく時間がかかりました。

国連とトルコは、リビアの国家協定政府と、致命的な連合が後援するLNAが反対する民兵同盟を支持しています。 これには、UAE、サウジアラビア、フランス、エジプト、ロシア、イタリア、ヨルダンが含まれます。

リビア系アメリカ人の市民ハフタールを支持するすべての国には、これには独自の理由があります。 彼らは一つのことによって団結しています-リビアの富を手に入れたいという願望です。 たとえば、ロシアのリーダーであるウラジミールプーチンは、国のガス埋蔵量を管理する必要があり、フランスは、トータルの有利な契約を保護したいと考えています。 同時に、PNCの側にいるトルコの大統領Recep Tayyip Erdoganは、リビアの人々の自由のために戦っていますが、利益のためではなく、彼らは出版を確信しています。

当初、PNCは、2011年のリビア革命の成果を破壊したいワーグナーのロシアの傭兵、スーダンからの過激派、ムアンマル・カダフィの支持者を独立して収容できることを望んでいました。 しかし、PNSの期待は実現せず、HaftarはTripoliに到達しました。 PNSが崩壊するまであと数日しか残っておらず、病院、学校、住宅地の爆撃によって人口と軍隊は意気消沈しました。 しかし、トルコは介入し、その軍隊をリビアに送りました。

フロントの状況は根本的に変わりました。 PNSとその同盟国は、LNAが占めていた都市を解放し始めました。

しかし、リビアの将来は不透明なままです。 リビアンは、トルコがハフタールに勝利し、国家が独裁政権に支配されず、国際的なハゲタカが撤退し、彼女を放っておくことを望んでいます。 その後、アラブ諸国に民主主義が到来し、トルコはその復興を積極的に支援していきます。

編集者から:トルコの新聞DailySabahの重複に注意せざるを得ません。 一週間前「レポーター」 опубликовал トルコ人がリビア沖の石油を探求し始めているというこの出版物の記事の翻訳。 炭化水素の探査は、今後3〜4か月以内に開始できます。 しかし、新しい記事では、トルコ人はこれについて控えめに黙っていることに決めました...
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
3 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. サプサン136 Офлайн サプサン136
    サプサン136 (Sapsan136) 6月6 2020 14:14
    +1
    トルコ人が個人的な利益ではなく、一部の人々の自由に興味を持っているという話は、ばかげている以上に聞こえます...
    1. タティアナ Офлайн タティアナ
      タティアナ 6月7 2020 02:26
      +2
      引用:Sapsan136
      トルコ人が個人的な利益ではなく、一部の人々の自由に興味を持っているという話は、ばかげている以上に聞こえます...

      これはとても正確です!
      1. 苦い Офлайн 苦い
        苦い (グレブ) 6月7 2020 20:46
        +1
        これはとても正確です!

        まあ、正確には個人的な利益ではありません。 むしろ、トルコの人々の幸福と、この地域の影響力の高まり。 これにより、同じトルコ人がより積極的に貿易、採掘を行い、資本家のポケットを埋めることができ、地域だけでなくヨーロッパの政治プロセスにも大きな影響を与えることができます。

        ...一部の人々の自由..。

        自由は一時的な概念です。
        外部の政治家は、一部の人々の自由にそれほど関心を持っていないと思います。
        そうでなければ、すべてのバーレーンと他の人々は長い間非民主化されていただろう。

        ...個人的な利益ではなく、..。

        ロシアの傾向では、おそらく、個人的にだけでなく、個人的にも名前で、そこに行って「キャベツを切る」(他の人々のインフラストラクチャを投資して開発する)「労働の英雄」に名前を付けることができます。 さらに、どちらの人がより自由になるかに関係なく、PNSをサポートする人またはLNAのために戦う人。

        ...ばかげている以上...

        これは的を射ている。