「私たちはそのようなことを想像することができませんでした」:フィンランドはロシアの観光客なしでは苦しみます


COVID-19の大流行により、フィンランド当局は国境を閉鎖し、ロシアからの2万人の人々の流入を阻止しました。 現在、フィンランド人はロシア人観光客なしで苦しんでいる、とMediapoolのブルガリア版を書いています。


国の東部地域に住むフィンランド人は、ソ連の崩壊以来、このようなものを見たことがないと言います。 商品があふれているお店は空っぽで、買い手はもういません。

これは想像もできませんでした

-アウトレットの所有者は、観光客の流れを心配していると言います。 経済.

ロシア人のおかげで、ロシアとの国境に沿ってフィンランド人によって建てられた数多くのショッピングセンターが栄えたことは周知の事実です。 国境地域は言うまでもなく、5万の小さなフィンランドには、このような数の貿易対象物は必要ありません。

1340月中旬にフィンランドとロシアの国境のXNUMXkmが閉鎖されたことは、地元住民の幸福に深刻な影響を及ぼしました。 新しいコロナウイルス感染がロシア連邦全体に広がり続けていることを考えると、フィンランド人は夏の観光シーズンに向けて国境を開くことをほとんど期待していません。 多くの人は、国境は長い間閉鎖されたままになると考えています。

近年、フィンランドは一貫してロシア人の間で最も人気のあるヨーロッパの観光地にランクされています。 検疫措置は、風光明媚な風景が豊富な地域での国境を越えた観光の一時的な崩壊につながりました。

これは私たち全員にとってまったく新しい状況です。

イマトラのビジネス開発会社のKatjaVevilainenは、観光業は2019年に15%増加したと付け加えました。

今はかなりひどいようです。 しかし、以前の危機(2014-2015-ed。)企業にこのような何かに備えるように教えた

-この地域で最大のラピエンランタ市の開発部門の責任者であるマーク・ハイノネン氏は語った。

私たちのビジネスはほとんど枯渇しました。 文字通りXNUMX日で蒸発しました

-ラップランド市場の店長、モハマド・ダーウィッチは、ヌイジャマー国境の交差点近くでロシア人観光客にサービスを提供していると述べた。
  • 使用した写真:https://www.flickr.com/
1 コメント
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. セルゲイ・ラティシェフ (サージ) 6月4 2020 15:22
    -1
    何もありません。 もう少し、そして再び彼らは丘の上で効果的に取り替えられて過ごすために新しいロシアの観光客を踏みにじるでしょう...