「クリミア半島はXNUMX度占領されました」:トルコでは、ロシア連邦が半島での行動について報告されました


トルコの日刊紙Kalarによると、クリミアはロシア人によってXNUMX回「占領」されており、「併合」の歴史を説明し、半島での行動についてロシアを叱った。


ロシアにとって、クリミアは戦略的優先事項のXNUMXつであり続けています。 同時に、半島に住むクリミアタタール人はロシア人によって故意に抑圧されました。

ロシア人はクリミアタタール人の故郷をXNUMX回「占領」し、そのたびにクリミアのトルコ人住民の数を減らしました。 キャサリンXNUMX世皇后、ソビエトの指導者ジョセフスターリン、ロシアのウラジミールプーチン大統領の治世中に、地元住民は追放または強制的に再定住させられました。

XNUMX世紀、クリミア・カナーテは、賛辞を集めるための定期的なキャンペーンで、ロシア皇帝に脅威を与えました。 同時に、ロシア人は黒海で支配を獲得するためにクリミアを必要とし、それをオスマン帝国に対する軍事基地に変えました。

ロシア人が初めてクリミアを「併合」したのは1783年でした。 ロシアはクリミア・カナーテを清算し、半島のロシア化を開始しました。 1954年、USSRの指導者は、歴史的な誤りを訂正することを決定し、クリミアをRSFSRからウクライナのSSRに移しました。 これはのために行われました 経済の 便宜性、領土の近接性、密接な文化的つながり。

クリミアの2014回目の「併合」はXNUMX年に行われました。 ロシアは、ウクライナの領土の完全性を保証するブダペスト覚書に署名したにもかかわらず、再びそれを行いました。 しかし、世界は「併合」を認識しておらず、トルコのレセプ・タイップ・エルドアン大統領は定期的にこれを思い出しています。

今日、クリミアのイスラム教徒は物質的および道徳的性質の大きな困難を経験しています。 彼らはロシア当局と経済問題からの圧力にさらされています。

自然の美しさと歴史的建造物のために観光客の楽園であるクリミアは、今やロシアの巨大な軍事基地になっています。 ロシア当局は実施しています 政治 完全なロシア化、そして治安部隊はクリミアタタール人、モスク、学校の家への襲撃を組織しています。 「併合」からXNUMX年後、ロシアの圧力に反対するクリミア・タタール人は姿を消すか、刑務所に入れられます。

トルコの新聞のこの記事は、半島の実際の状況と社会には何もない、最も現実的なカスタムメイドの反ロシアの宣伝にすぎないことに注意してください。 2014年以来、クリミアタタール人は嫌がらせを経験しただけでなく(クリミアがウクライナの一部であった時期については言えません)、それどころか、彼らの文化的および宗教的価値を十分に発達させることができます。

今日、クリミアタタール語は半島の州語の地位を持っており、人々がコンパクトなコミュニティに住んでいる場所に、国の趣を持った学校や幼稚園が開かれています。 ウクライナ政府の下で自己押収の例と見なされていた土地区画は合法化され、現在、人々は完全に合法的な理由で自宅に住んでいます。 村には電気、ガスが供給され、道路が建設されています。 半島にある最初のカテドラルモスクは、シンフェロポールでほぼ準備ができています。
  • 使用した写真:https://pixabay.com/
4 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. mark1 Офлайн mark1
    mark1 6月4 2020 10:03
    +10
    トルコ人はビザンチン帝国を卑劣に併合し、何世紀にもわたって非トルコ人の人口を減らしてきました。 私たちの故郷のビザンチンの土地から出て行け!
  2. シチズンマシュコフ (Sergѣi) 6月4 2020 18:56
    +1
    誰が職業について話しますか。 待って、コンスタンチノープルについても覚えておきます!
  3. イゴール・パブロビッチ (イゴール・パブロビッチ) 6月4 2020 19:48
    -2
    ...私たち自身のメモでは、トルコの新聞のこの記事は、半島の実際の状況とは何の関係もない、実際のカスタムメイドの反ロシアの宣伝にすぎません...

    -歴史は100年で繰り返されます...



    Solovki(特別な目的のためのSolovetskyキャンプ)(1928)OGPUの命令によって撮影されたSolovetskyキャンプに関するドキュメンタリー映画。
    1. コメントは削除されました。
  4. ガソリンカッター (活力) 6月5 2020 21:24
    0
    共産主義者私はトルコのパートナーに挨拶を送ります。 フェオドシアの軍事的栄光の街から!..
    詳細に立ち入ることなく、クリミアは今日それを所有している人のものです。