ポーランド人はナチスの金の所在を示すSSの将校の日記を見つけました


ミカエリスという仮名で元ドイツSS将校の日記がポーランドで発見され、かつて第三帝国に属していた貴重品の場所が明らかになりました。 それは英国の新聞TheFirstNewsによって報告されています。


この文書には、SSの宝物が隠されている可能性のある、オポーレとローワーシレジア(ポーランド)の28の場所の説明が含まれています。これには、金のアイテム、宗教的なアイテム、銀行預金、ポーランド、ドイツ、ロシア、フランス、ベルギーの芸術作品が含まれます。 .. 特に、ロストックのホッホベルク宮殿では、ナチスに属する60トンの金が隠されている可能性があります。 日記の記録から判断すると、貴重品は宮殿の領土にある廃墟の井戸の深さXNUMXメートルにあります。

文書に示されている他の場所には、ヒムラーの組織アーネンエルベ(祖先の遺産)に属する遺物や宝石、ヨーロッパ諸国から盗まれた絵画があります-おそらく、ポーランドで失われたラファエロの若い男の肖像を含みます。

ミカエリスの日記の存在は、シレジア橋と呼ばれるオポーレの財団がドイツのパートナーからの文書の受領に関する情報を公開したとき、それほど前に知られるようになりませんでした。 ドイツ人は第二次世界大戦の謝罪としてポーランドの人々に日記を寄付することを計画しました。
  • 使用した写真:Bundesarchiv Deutschland
5 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. 123 オンライン 123
    123 (123) 6月3 2020 09:34
    +3
    補助金は削減されており、鍋は新しい資金源を探しています ウインク

  2. 苦い Офлайн 苦い
    苦い (グレブ) 6月3 2020 10:12
    +3
    「シレジア橋」は、ドイツのパートナーからの文書の受領を発表しました。
    ...お詫びとしてポーランドの人々への贈り物....

    インスピレーション。

    私たちの前ですでにすべてが盗まれています!

    笑
  3. Cheburashk Офлайн Cheburashk
    Cheburashk (ウラジミール) 6月3 2020 10:21
    +2
    ドイツ人は第二次世界大戦の謝罪としてポーランドの人々に日記を寄付することを計画しました。

    ああ、ドイツ人はからかった。 ドイツ人がそのような贈り物をした場合、長い間(あったとしても)もうそこには何もありません! 笑い
  4. King3214 Офлайн King3214
    King3214 (セルギウス) 6月3 2020 11:14
    +2
    FREEZEの渇きは脳を食い尽くします! はい、彼らはそこにそのようなフリーローダーの隣人をたくさん持っています。
  5. ワッサーミン Офлайн ワッサーミン
    ワッサーミン (Dejan Baric) 6月4 2020 14:06
    0
    私は信じません。 いくつかのナンセンス