メディアは、パンデミックを背景にしたロシアと中国の秘密協定について話しました


現在、多くの人が中国がコロナウイルスの蔓延の原因であると話している。 中国からの金銭的補償は、英国、米国、エジプト、ドイツ、インド、イタリアを含むXNUMXか国で要求されています。 しかし、ロシアはパンデミックのせいで東隣国を非難することを急いでいません。 Foresightの日本語版の特派員は、モスクワの北京への忠誠心の理由について書いています。


ロシアが今中国との関係を悪化させることは不採算である。 経済 ロシア極東は、特に中国との経済関係に依存しています。

一方、米国との対立を背景に、中国はロシアが行動できる忠実な同盟国を必要としているため、北京はモスクワとの友好関係の強化に非常に関心を持っている。 今年の8月から2019月にかけて、中国の外界との貿易は3年の同時期と比較してXNUMX%減少しました。 しかし、それどころか、ロシアとの貿易はXNUMX%の増加を示した。

31月、北京はロシアの石油の購入を昨年16月と比較してXNUMX%増加させた。 先月、両国は東シベリアから中国への第XNUMXのガスパイプラインを建設する可能性を模索し始めました。 XNUMX月XNUMX日、プーチンと習近平は電話での会話で、貿易をさらに増やすことに合意した。

両当事者が一種の協定を締結した可能性がある-貿易関係の拡大と引き換えに、パンデミックにおける中国の無実をモスクワが支持することを意味する協定

-先見の明。

したがって、中国はその翼の下で弱いロシア経済を引き受けることができ、モスクワに特定の資源の供給者を選ぶことを優先させる。
  • 使用した写真:http://kremlin.ru
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
9 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. ゴレニナ91 Офлайн ゴレニナ91
    ゴレニナ91 (イリーナ) 6月1 2020 18:11
    -5
    ロシア極東の経済は、特に中国との経済関係に依存しているため、ロシアが現在中国との関係を悪化させることは有益ではありません。

    -はい、今のところ、ロシアは、米国がロシアに対して課したすべての制裁を支持し、ロシアに対して公然と追求している政策全体について非常に厳しく中国に尋ねるべきです...-そして、巨額の損失を反映するそれらの要求を中国に公然と提示します、ロシア経済が経験した(そして耐え続けている); 中国の行動から、最近の全期間および今日までのロシアに対するアメリカの制裁を支持して表明された...

    31月、北京はロシアの石油の購入を昨年XNUMX月と比較してXNUMX%増加させた。

    -そして、ロシアはどのような価格でこれらを中国に供給しましたか

    ロシアの石油供給は昨年31月と比較してXNUMX%増加しました

    ??????? -ロシアは中国にどのくらいの価格で石油を供給しましたか?

    したがって、中国はその翼の下で弱いロシア経済を引き受けることができ、モスクワに特定の資源の供給者を選ぶことを優先させる。

    -これは翼ではありませんが、中国の縄...ロシアの弱い首に...
    1. ウィニー Офлайн ウィニー
      ウィニー (ビニー) 6月1 2020 20:25
      -9
      ロシアはどの価格で中国に石油を供給しましたか?

      ロスネフチはマイナス8ドル/バレルで中国に石油を販売した。
    2. Rashid116 Офлайн Rashid116
      Rashid116 (ラシッド) 6月2 2020 09:15
      -4
      それを読んだとき、私は同じことについて書きたかったのですが、自分自身とあなたを繰り返す必要はありません。
      1. Rashid116 Офлайн Rashid116
        Rashid116 (ラシッド) 6月2 2020 09:19
        -4
        私はイリーナに答えました、コメントはあなたに飛んで行きました、原則として、それは問題ではありません、彼女はそれをすべてより詳細に投げました。
        1. コメントは削除されました。
    3. コメントは削除されました。
  2. バクト オンライン バクト
    バクト (バクティヤール) 6月1 2020 18:12
    +1
    ああ、新しい協定...それはプーチン-習近平と呼ばれるでしょう。 PuSiと略されます。
    そしてXNUMX年後、生存者は彼が第三次世界大戦を引き起こしたと説明されます。
  3. maiman61 Офлайн maiman61
    maiman61 (ゆり) 6月1 2020 19:30
    +3
    侍、彼らは自分たちをどう思いましたか! そして、ロシアは誰と友達になるべきですか? アメリカとその寝具で?
  4. ブラノフ Офлайн ブラノフ
    ブラノフ (ウラジミール) 6月2 2020 09:51
    +4
    明日アメリカでロシアと中国がアメリカの分割に関する協定に署名したと彼らが言っても、私は驚かないでしょう! (おそらく:-ロシア-アラスカ、中国-カリフォルニア)。
    1. バクト オンライン バクト
      バクト (バクティヤール) 6月2 2020 13:07
      +3
      O.Toninaのサミズダート「収用者の収用」を読んでいません。 政治パンフレットではありますが、非常に関連性が高く、ずっと前に書かれました。

      http://samlib.ru/t/tonina_o_i/ekspa.shtml

      ドイツ、ロシア、中国の連合。 ティグリス戦車とXNUMX万人の中国空挺部隊:-)
      私はお勧め。 スマイル。
  5. ブラチナン3 Офлайн ブラチナン3
    ブラチナン3 (ジェンナディ) 6月2 2020 21:45
    +2
    ロシアと中国は、経済的にも軍事的にも自給自足であり、他国からの投資なしに生き残ることができると私は絶対に確信しています。