戦争の主な理由:トルコ人はリビア沖で石油探査を開始します


トルコのリビア侵攻の真の目的は、実際に確認され始めているようです。 アンカラと国家協定政府との間の合意に従い、トルコはリビア沖の東地中海で石油探査を開始している、とトルコの新聞デイリーサバは書いている。


29年2020月3日、トルコのエネルギー天然資源大臣であるFatih Denmezは、これらの作業は4〜XNUMXか月以内に開始できると述べました。 彼は、掘削船ファティ(「ファティ」)を送る式典で話し、これを言った。 彼は、Turkish Petroleum(TPAO)がすでにPNS申請書を提出しており、許可を受け取った直後に認可地域での作業を開始することを明らかにしました。 トルコには、このような掘削船が全部でXNUMXつあります。

念のため、27年2019月XNUMX日、アンカラとPNSはXNUMXつの別個の契約に署名しました。 最初は軍隊をカバーします技術的な XNUMXつ目は、トルコが北キプロスのトルコ共和国の海域で、東地中海で探査と掘削を行う権利を確保することを目的としています。 したがって、リビアの公式機関であるPNSは、共和国自体とその国境の両方を認めています。

北キプロスは45年以上誰にも認識されていないため、アンカラは島の海域での行動を何らかの形で正当化するためにそのような合意を必要としていました。
  • 使用した写真:DivulgaçãoPetrobras/ ABr / wikimedia.org
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
7 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. バクト Офлайн バクト
    バクト (バクティヤール) 30 5月2020 16:37
    +2
    念のため、27年2019月XNUMX日、アンカラとPNSはXNUMXつの別個の契約に署名しました。 XNUMXつ目は軍事技術協力を対象とし、XNUMXつ目は、北キプロスのトルコ共和国の海域で、東地中海で探査と掘削を行うトルコの権利を確保することを目的としています。 したがって、リビアの公式機関であるPNSは、共和国自体とその国境の両方を認めています。


    皮肉はありません。 地図を見ると、リビアとキプロスの関係がわかりません。 誰か明確にできますか?
    1. Kristallovich Офлайн Kristallovich
      Kristallovich (ルスラン) 30 5月2020 17:07
      0
      これは、資料の最後の段落を説明しています。
      1. バクト Офлайн バクト
        バクト (バクティヤール) 30 5月2020 17:21
        +2
        だから何? さて、リビアは北キプロス共和国を認めました。 それは何かを変えますか?
        トルコは(少なくとも)XNUMX年間、北キプロスの海域で探査を行ってきました。 軍艦を伴います。
        そこでガスやオイルを抽出し始めたとしましょう。 そして、EU諸国は「リビアが認めたので、このガスを輸入することができる」と言うでしょう。 だから何?
        ------
        どっちにしても、ありがとうね。 私が理解しているように、トルコは他の誰かの認識を必要としていました。
        1. Kristallovich Офлайн Kristallovich
          Kristallovich (ルスラン) 30 5月2020 18:04
          +1
          私が理解しているように、トルコは他の誰かの認識を必要としていました。

          ええ、はい、小さなペレモガは傷つけません...南オセチアもクリミアをロシア人として認識しました...実際、純粋な形式です。
  2. ゴレニナ91 Офлайн ゴレニナ91
    ゴレニナ91 (イリーナ) 30 5月2020 17:31
    -3
    念のため、27年2019月XNUMX日、アンカラとPNSはXNUMXつの別個の契約に署名しました。 XNUMXつ目は軍事技術協力を対象とし、XNUMXつ目は、北キプロスのトルコ共和国の海域で、東地中海で探査と掘削を実施するトルコの権利を確保することを目的としています。 したがって、リビアの公式機関であるPNSは、共和国自体とその国境の両方を認めています。

    -すべてが次のように理解されるべきである...何...何...突然何らかの奇跡によって...-敗者でずさんなハフターが突然PNSに勝つ...-そして彼を倒す; その後、アンカラとPNSの間の27年2019月XNUMX日の前述の合意のすべての正当性は...-溶ける...煙のように???
  3. ブラノフ Офлайн ブラノフ
    ブラノフ (ウラジミール) 30 5月2020 20:04
    +2
    フランス、イギリス、アメリカ、イタリアが2011年にリビアを爆撃し、それをストーンエイジに追いやったとき、トルコの火から栗を引きずり出したことがわかりましたか? アフリカからEUへの移民の雪崩の後、今や彼らは皆、たわごとになっています、そしてトルコは白いテールコートを着ています! NATOのメンバーは吸盤ですか?
  4. イヴァン・イヴァノフ_19 (イワン・イワノフ) 30 5月2020 22:51
    0
    トルコは明らかです。 ロシアはリビアに何を望んでいますか?