ジャパンタイムズ:中国はこの地域でその強さを示しています


COVID-19コロナウイルスの流行は、アジア太平洋地域のアメリカ軍、特に日本を心配している米軍の戦闘準備に最善の影響を与えていない、とジャパンタイムズは書いています。 このような背景に対して、隣接する海域の中国は、より積極的かつ積極的になっているだけです。


米国国防長官のマーク・エスパー氏は今月初め、パンデミックは米軍の「準備にほとんど影響を与えなかった」と述べたが、ウイルスが衰える兆候を示さなければ、時間の経過とともにはるかに「大きな影響」を与える可能性があるとも警告した。

同時に、北京は、多くの専門家が攻撃的であると述べていることを示し続けていると記事は主張しています 政治 南シナ海と東シナ海の特定の地域で。

今月初め、北京は2016年XNUMX月以来XNUMX日連続で東シナ海の戦角諸島沖の日本海域で漁船を追跡するために政府船を派遣した。 小さな無人の小島は日本によって支配されていますが、中国はそれらに対する主権を主張しています。

先月、東京はまた、中国が軍事力の増大を示して、空母遼寧とそのストライキチームを宮古海峡を越えて沖縄と宮古島の間、そして台湾を過ぎて送ったのを注意深く見守っていた。

この国際輸送ルートは、中国海軍が太平洋にアクセスする数少ないルートのXNUMXつであるため、戦略的に重要です。

争われている南シナ海で落ち着きがなく、最も重要な海路があり、エネルギー資源の豊富な埋蔵量があるその水域のほとんどは、北京の主張の「点線」の線で覆われています。

ペンタゴンの高官は火曜日に、人民解放軍も輸送レーンに沿って「危険でエスカレートする行動を続けている」と述べた。 米国東南アジア国防次官のリード・ウェルナー氏は、中国の戦闘機はXNUMX月中旬以来、南シナ海上空で米国の偵察機を「少なくともXNUMX回」追跡していると述べた。

それに応じて、アメリカ人は彼らの海軍と空軍との潜在的な紛争地帯のパトロールを強化しました。 特に、東シナ海上空でのB-1Bランサー戦略爆撃機の一連の飛行は、米国と日本の戦闘機を伴って、メディアの注目を集めました。
3 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. ゴレニナ91 Офлайн ゴレニナ91
    ゴレニナ91 (イリーナ) 21 5月2020 17:51
    -1
    ジャパンタイムズ:中国はこの地域でその強さを示しています

    -トピックはますます-海事について...-そして写真では、いくつかの車輪付きタンクがどこを知っている砂で発砲しています...
    -中国人はそのような車輪付きタンクを持っていないようです(多分私は間違っています)...-これはおそらく日本の技術です...-しかし、日本人はどこで砂漠を手に入れましたか?
    1. Observer2014 Офлайн Observer2014
      Observer2014 21 5月2020 22:58
      0
      引用:gorenina91
      ジャパンタイムズ:中国はこの地域でその強さを示しています

      トピックはますます-海の問題について...-そして写真では、いくつかの車輪付きタンクがどこを知っている砂で発砲しています...
      -中国人はそのような車輪付きタンクを持っていないようです(多分私は間違っています)...-これはおそらく日本の技術です...-しかし、日本人はどこで砂漠を手に入れましたか?

      記事の写真に、不満はありません! hi いいえ 結局のところ、私たちは上級者です。 それは何ですか。 何もありません。 はい
      1. コメントは削除されました。
  2. GRF オンライン GRF
    GRF 21 5月2020 17:55
    +1
    日本人、あなたは彼らが間違ったチップに賭けるのを恐れていますか? 寺院にいるあなたの阿部真三は、彼の好戦的な先祖、何百万人もの人々によって中国人を虐殺したサディストを賞賛します...中国人もこれを覚えていますか、より積極的に行動しますか? ええと、彼らはおそらく彼らがあなたに核爆弾を投げるまであなたは同盟国にならないことを理解しているでしょう、それでヨーロッパのメディアはあなたのために暗い未来を描かないのでよく眠ってください。