最初のAframaxタンカーを発売した理由がロシアの誇りになりました


12月250日、タンカーのウラジミールモノマフが発売されました。 これは、極東のズベズダ造船所で建造された最初のアフラマックスクラスの船です。 無制限のエリアで石油を輸送するように設計されたXNUMXメートルの巨人は、私たちの国にとって真の勝利と誇りです。 そしてそれが理由です。


まず、新世代のロシアのタンカーがLNG駆動のエンジンを受け取りました。 「ウラジミール・モノマフ」は、重質燃料で作動する同様の船舶と比較して、大気中に放出される有害物質がはるかに少ない。 特に、硫黄と煤は、液体の船舶用燃料の硫黄含有量を管理する国際規則が強化されていることを考えると、今日非常に重要な100%です。

第二に、ウラジミール・モノマフはロシアで最初に建てられたLNGタンカーです。 以前は、そのような船は韓国の造船所でのみ注文されていました。 また、このAframaxの一部が外部コンポーネントで構成されているにもかかわらず、将来的には、ローカリゼーション要件がさらに厳しくなります。 10隻目から、このクラスのタンカーはすべて完全に国内になります。

ウラジミールモノマフだけがLNGで運航するロシアの船ではないことに注意する必要があります。 XNUMX月、にちなんで名付けられたゼレノドルスク工場で。 ゴーキー(タタルスタン)は、同じく液化天然ガスで作動する旅客河川船「チャイカ」を敷設しました。

ズベズダについては、リーダープロジェクトの砕氷船を含め、200の異なるフローティング施設がここに建設されると想定されています。 同時に、まだ完成していない造船所は約6人の雇用を提供しており、今後数年間でさらに10万人の雇用がここで創出される予定です。

  • 使用した写真:SSK「Zvezda」
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
7 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. セルゲイ・ラティシェフ (サージ) 17 5月2020 12:33
    -3
    よくやった。 しかし、テキストでは、トン数、輸入代替の割合、および特性について具体的なことを言う方がよいでしょう。
    そして最初のもの、それだけです、プロセスは続きます...
    1. セルゲイ・トカレフ (セルゲイ・トカレフ) 17 5月2020 20:52
      +1
      アフラマックスは十分ではありません??? Yandexがお手伝いします。 船の長さは250メートル、幅は44メートル、自重は114千トン、速度は14,6ノット、氷のクラスはICE-1Aです。
      1. セルゲイ・ラティシェフ (サージ) 17 5月2020 23:11
        0
        人々自身がYandexで検索する場合、なぜ彼らは5つの段落で記事を書く必要がありますか?
        1. セルゲイ・トカレフ (セルゲイ・トカレフ) 19 5月2020 05:01
          0
          そして、船長の離れ家のドアが取り付けられているタンカーの図面、配線図、ボルトが作られている鋼のグレード、ここで指定することはできませんか?
          1. コメントは削除されました。
            1. セルゲイ・トカレフ (セルゲイ・トカレフ) 19 5月2020 09:40
              0
              ボルトに興味があるのはあなただけです。残りの部分については、追加の詳細なしで、船が打ち上げられただけで十分です!!!!!!!!
              1. セルゲイ・ラティシェフ (サージ) 19 5月2020 10:39
                -1
                それはあなたがトイレのボルトに特別ではないことを意味します。 そして、なぜあなたはそれらに言及したのですか...

                そして、すべて/すべてではない...子供の議論。
          2. リーバイスRU Офлайн リーバイスRU
            リーバイスRU (レビウスRU) 20 5月2020 08:20
            0
            私は何か見落としてますか? それらはリストされていませんか? そして、爆発の安全性に関するボルトの証明書は導きませ​​んでした... ...ああ、私たちは皆死にます!!!