「ロシア連邦への援助のすべての受取人に警告する」:換気装置の火災の危険性について世界の報道


火曜日に、サンクトペテルブルクのセントジョージ病院のXNUMX人のコロナウイルス患者がAventa-M換気装置のXNUMXつの点火により死亡しました。 世界のマスメディアは、ロシアの人工肺換気装置の火災の危険性について書いています。


9月2014日、モスクワの診療所で換気装置の点火により火災が発生し、XNUMX人が死亡した。 モスクワとサンクトペテルブルクのデバイスは、ブルームバーグによれば、XNUMX年から米国の制裁を受けている国営企業KRETの一部門であるUral Instrument-MakingPlantで製造されたと報告されています。

ブルガリアのウェブサイトMediapoolによると、先月のロシアから米国への医薬品の出荷には同じデバイスが含まれていました。 出版物のページで、彼らは供給された機器の危険性について「ロシアの援助のすべての受取人に警告する」ように呼びかけています。

次に、KRETは、消防装置の事件を徹底的に調査するという声明を発表しました。 同社によれば、これらのモデルは2012年から生産されており、使用に関する苦情は一度もありません。

その後、Roszdravnadzorは、1月XNUMX日以降に製造されたすべてのAventa-Mデバイスが、火災の発生によりロシア連邦での流通から撤退したと報告しました。
  • 使用した写真:https://rostec.ru/
5 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. セルゲイ・ラティシェフ (サージ) 13 5月2020 14:48
    0
    吸う。 人々に申し訳ありません。 病棟の煙で窒息しましたか?
  2. 123 Офлайн 123
    123 (123) 13 5月2020 15:21
    +1
    次に、KRETは、消防装置の事件を徹底的に調査するという声明を発表しました。

    ポイントは何ですか? 人を連れ戻すことはできません。 調査は何を言うのだろうか。 確かに、急いで、左はコンポーネントを購入しました。
  3. ドミトリーS. Офлайн ドミトリーS.
    ドミトリーS. (ドミトリーサニン) 13 5月2020 17:00
    -1
    米国。 ヘゲモン。 ふふ。 彼らの足と牛肉を覚えておきたいだけです...
  4. シチズンマシュコフ (Sergѣi) 13 5月2020 19:04
    -1
    挑発と非常に似ています。
  5. ブラノフ Офлайн ブラノフ
    ブラノフ (ウラジミール) 13 5月2020 23:09
    +3
    妨害行為があるか、偽造部品を節約しました。 何回言うか-戦略的コンポーネントのチェーン全体をロシアで製造する必要があります!