コロナウイルスのパンデミックと検疫が何年も続く可能性がある理由


コロナウイルスのパンデミックが世界で進展するにつれて、それに関する情報がますます出現し、専門家の分析と社会による一定の理解が必要になります。 すでに、医師は、流行のXNUMX番目、XNUMX番目、およびその後の波のリスクについて警告しており、その検疫は、おそらく何年もの間、非常に長い時間です。


COVID-19についてすでに知られていることを合理化してみましょう。

ウイルスの危険性


COVID-19の死亡率は、さまざまな要因により国によって異なりますが、平均供給量は4%です。 流行の影響を最も受けたイタリアでは、それはより高いですが、研究者は、60歳以上の年齢層で死亡率がはるかに高いことに注目しています。 ご存知のように、温暖な気候のこの国では、多くの人が老後を過ごしており、統計に悪影響を及ぼしています。

ちなみに、豚インフルエンザの死亡率は17%、エボラの死亡率は90%でした。 これは、COVID-19の危険度を過小評価できることを意味するものではありません。 人々は世界中で死にかけています、病気は戦わなければなりません。

いつ薬を待つか


残念ながら、ハリウッドの大ヒット作のように、ワクチンが最後の瞬間に現れてすべての人を救うとき、それは機能しません。 実際には、開発の瞬間から信頼性が高く安全な標的薬の出現まで、5年から8年の数年かかります。 患者の体に深刻な副作用をもたらす可能性のある、テストされていない強力な薬剤を市場に投入することを誰も許可しません。

予防接種


多くの人がすでに自分でコロナウイルスから回復しているので、まだ病気になっていない人のために彼らの助けを借りてワクチン接種を作成することが可能かどうかという疑問が生じます。 これはすべて複雑です。 第一に、何とかして大量のワクチンを迅速に作成し、それをすべての医療施設に配布して、数百万、数十億の人々に投与する必要があります。

第二に、集団ワクチン接種は、流行が始まる前に実施しなければなりません。そうすれば、人口は事前に免疫を発達させる時間ができます。 今では遅くなっており、医師はその効果が望ましいものとは正反対である可能性があると警告しています。 COVID-19に類似したコロナウイルスであるSARSに対するワクチンの開発が一度に凍結されたことを医師は後悔している。 これらの菌株はさまざまですが、ワクチン接種を受けた患者は、COVID-19の悪影響を軽減する交差免疫を獲得する可能性があります。

何をすべきか


統計を見ると、コロナウイルスを持っている人の大多数が回復しています。 一人一人が独自の方法で病気に苦しんでおり、治療のための単一の処方箋はありません。 最も難しいのは、死の主な原因である他の深刻な病気に苦しんでいる人々にとってです。 症状を感じた場合は、医療機関に連絡して支援を求める必要があります。

問題の根本は、パンデミック用に設計されていない病院の限られた容量に正確にあります。 「自己隔離」は、感染の拡大を制限し、医師が患者の流れに対処できるようにすることを目的としています。 しかし、そのような検疫自体は、効果的な薬が開発されるまで何度も繰り返される可能性があるパンデミックの問題を解決しません。

専門家が説明するように、人口の19%がコロナウイルスに対する抗体を持っているか、ワクチン接種を受けているか、病気である場合にのみ、COVID-70に対処することが可能です。 したがって、現在の状況では、流行との実際の戦いには何年もかかる可能性があります。
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
3 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. セルゲイ・ラティシェフ (サージ) 6 5月2020 13:01
    0
    そして、China andCo。はすでに検疫を解除しています。 他の人は発表しませんでした。

    その結果、別の種類のインフルエンザが発生します。 ワクチンや薬を開発することだけが残っています。 そして、私が読んだプロダクションは、うまくいったケースです...
  2. ニコライ・マリュギン (ニコライ・マリュギン) 6 5月2020 17:12
    +1
    以前、流行の間、感染が都市に入らないように門は閉じられました。 しかし、彼らの食べ物がどうだったかは不明です。

    -ミーシャ、コロナウイルスはありますか?
    - Да。
    -どこから持ってきたの? 中国から?
    - あなたは傷つける。 イタリアから"。
  3. BMP-2 Офлайн BMP-2
    BMP-2 (ウラジミールV.) 6 5月2020 20:00
    +2
    コロナウイルスのパンデミックと検疫が何年も続く可能性がある理由

    ほぼ世界中でそれと戦うための行動がどういうわけか「少しモロニック」に実行されているので...