アラブニュース:石油価格が回復し始める


石油価格は、すべての兆候によって、記録的な崩壊から回復し始めた、とサウジアラブニュースは書いています。 新聞は火曜日にこれらの炭化水素の供給過剰の終わりの兆候の中で市場が「安堵のため息をついた」と述べています。


したがって、ブレント原油は先月半ば以来初めて30バレルあたり3,77ドルを超えて取引されました。 それは13,9ドル、つまりXNUMXパーセント上昇しました。

先月マイナスの規模に急落したアメリカのウェストテキサス中級者は、4,17バレル20,5ドルに24,56ドル(XNUMXパーセント)を追加しました。

西側の市場は、金曜日に実施されたOPEC +の減産の影響を測定するために週末を過ごし、彼らが見たものを気に入っていました。

-アラブニュースを強調します。

世界最大の投資銀行51,38社は、石油市場は底を打ち、緩やかな回復を予測していると述べた。 したがって、ゴールドマンサックスは、生産量が急速に減少し始め、来年の予測価格をWTIで55,63バレルあたりXNUMXドル、ブレントでXNUMXドルに引き上げたと報告しました。

需要もまた、更新に牽引されて低水準から回復し始めています 経済学 中国と先進国における輸送需要の増加

-ゴールドマンサックスに語った。

モーガン・スタンレーは、ブレントが年末までに35ドルまで着実に上昇すると予測しています。 銀行は価格の急騰を予想していませんが、公式声明によると、「需給の最大の違いはおそらく終わったでしょう」。 モーガン・スタンレは、世界的な供給過剰のピークに達する可能性が高く、貯蔵不足が縮小していると述べています

アラブニュースはまた、プライスフューチャーズグループのシニアアナリストであるフィルフリンが次のように述べていると述べています。

市場は需要の崩壊がどれほど恐ろしいものであったかを理解し始めていますが、[...]需要は改善するでしょう。


ロイターのアナリストによると、サウジアラビアの原油輸出は6月にXNUMX日約XNUMX万バレルに減少すると予想されており、これはXNUMX年で最低である。

スイスの銀行UBSはまた、多くの国でパンデミック規制を緩和することで、供給と需要のバランスをとることができると考えています。 そして、以前はアメリカの消費者に不利益をもたらす高い石油価格の支持のためにOPECを嫌っていた米国大統領ドナルド・トランプはツイートした。

需要が再開するにつれて、石油価格は順調に上昇しています!


同時に、Arab Newsは、すべてのアナリストがそのような楽観的なムードを共有しているわけではないと述べています。
  • 使用した写真:サウジアラムコ
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.