米国は、中国を待たずに、戦略的攻撃兵器についてロシア連邦との交渉を直ちに開始することを提案している


核戦略と武器管理の専門家である元米陸軍大佐ジョン・フェアラムは、新しいバージョンの戦略的武器削減条約(START)に関する米露交渉について意見を述べた。 彼の記事はTheHillから出版されています。


著者は、米国が自国の超音速車両の交渉に同意する際には注意が必要であると考えています。 アメリカは従来の長距離ミサイルを必要としていますが、超音速滑走ユニットを備えています。 これは現在、米国国防総省の優先プログラムです。

今日、北朝鮮が核弾頭とそれらが米国の領土に到達できる範囲を備えたミサイルを準備しているという明確なデータがあれば、それらを攻撃するための古典的な攻撃兵器しかありません。 より速いヒットは非常に役立ちます

-フェアラム氏は書いています。

ロシアと中国はそのようなシステムを恐れている、と彼は続けます。なぜなら、それがかなりの数で展開されれば、それは彼らの戦略的目標に対して先制攻撃能力を提供することができるからです。

現在、[このような超音速兵器]の核バージョンを開発する予定はなく、このクラスの配備される兵器の数を制限することに同意することができます。 ただし、超音速航空機の定義そのものを慎重に交渉する必要があります。

-軍事専門家を要約します。

同様に、フェアラム氏は、戦略的攻撃兵器条約に関する交渉が中国の加盟まで延期されるべきではないと考えています。
  • 使用した写真:ロッキードマーティン
8 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. 123 Офлайн 123
    123 (123) 5 5月2020 10:05
    +2
    引退した米陸軍大佐ジョン・フェアラムは交渉を開始することに同意しますか? 素晴らしい。 良い 彼が国防相に任命されるのを待つことは残っており、あなたは話すことができます。 はい
    1. デジタルエラー Офлайн デジタルエラー
      デジタルエラー (ユージン) 5 5月2020 10:22
      +2
      123
      彼が大臣に任命されるのを待つことは残っている。

      ええ、LADYを犠牲にしてボイコの率直なPRを思い出させました(それではうまくいきませんでした):

      1. 123 Офлайн 123
        123 (123) 5 5月2020 10:30
        +1
        類推は見当たりません。 アメリカ軍の年金受給者の意見の転載は、このビデオとは何の関係もありません。
        1. デジタルエラー Офлайн デジタルエラー
          デジタルエラー (ユージン) 5 5月2020 10:34
          +2
          説明させてください-アナロジーは、進行中のプロセスに影響を与えないが、(おそらく他の利害関係者を通じて)それらに影響を与えたい人(Boyko /退職者)が発言するということです。 このアクションのプラットフォームは、The Hillによって「年金受給者」に提供され、BoykoにはDmitryAnatolyevichによって提供されました。
  2. サプサン136 Офлайн サプサン136
    サプサン136 (Sapsan136) 5 5月2020 11:50
    +3
    ロシアはそのような交渉において厳しい条件を設定する必要があります。 ヨーロッパと日本からの米軍の完全撤退、少なくとも米海軍の4倍の削減。 少なくとも20年間、新しい核潜水艦、航空機運搬船、UDCの建設が拒否されました。 しかし、いいえ、ここにもありません!!!
    1. Arkharov Офлайн Arkharov
      Arkharov (グリゴリー・アルカロフ) 6 5月2020 11:45
      -4
      そして、そのようなファンタジーはどこから来るのでしょうか? その契約がはるかに少なくて済むと確信していますか?
      1. クマ040 Офлайн クマ040
        クマ040 6 5月2020 21:44
        +5
        私たちは自信を持っており、DozhiとYablokoからのアルコールソブチャクと彼女の飲酒仲間とは異なり、私たちはプロです!!! そして、どういうわけか、酔ったバンデラなしで、私たちは私たちが故郷でどのように生きることができるかを決めるでしょう!
    2. bzbo Офлайн bzbo
      bzbo (ブラックドクター) 6 5月2020 16:16
      0
      そして、ニュージーランド人とオーストラリア人の祖先の故郷への再定住。