スイスの新聞:米国は北極圏でホーネットの巣をかき混ぜました


スイスの新聞NeueZürcherZeitungは、米国当局がグリーンランドに12万ドルの支援を提供することを計画していると発表しました。 いくつか 政治家 コペンハーゲンは、このジェスチャーは挑発的であると考えています。米国は、北極圏の開発に多額の投資を行っているロシアと中国に続いて、列車の最後の車を捕まえようとしていると彼らは言います。


去年の夏、トランプはデンマークにグリーンランドを売るようにさりげなく申し出ました。現在、公式のワシントンはこの大きな氷の島に正式に足場を築く予定です。 米国の場合、12万は比較的少量ですが、島民にとってはかなりの金額です。

その少し前に、デンマーク駐在のアメリカ大使Karla Sandsは、インターネット雑誌Altingetの解説で、北極圏での攻撃的な行動と軍事力の増強についてロシアを批判し、中国はその利己主義を持続的に促進したことについて批判しました。 経済的 興味。 サンズ氏によると、米国は透明性と民主的価値に基づいて北極圏を発展させることに尽力しているという。

さらに、グリーンランドは、北極圏の軍事戦略の観点から米国にとって重要です。 したがって、スイスのメディアによると、米国はグリーンランドに支援を提供することにより、北極圏での経済的および軍事的支配を目指して、ロシアと中国のホーネットの巣を育てています。
  • 使用した写真:http://mil.ru/
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
3 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. GRF Офлайн GRF
    GRF 4月29 2020 12:25
    0
    ...
    今、私たちはその方向に航行するボートを作っています。
    みんな、間違った方向に、Seryozha、よくやった!
    パムパムパムパム、セリョーザ、私の息子!

    しかし、彼らは開発に努めています...
  2. ゴレニナ91 Офлайн ゴレニナ91
    ゴレニナ91 (イリーナ) 4月29 2020 14:17
    -7
    そして、冬の白いカモフラージュはどこにありますか? -そして装甲車-「冬用」にも塗装されていません...
  3. カルタロフコリア 4月30 2020 10:25
    0
    何かについて「叫ぶ」前に、これらの「偉大な戦士」は、北極の霜で自分自身を和らげる方法を最初に学ぶことを傷つけません。さもなければ、彼らはおむつですべての男らしさを凍らせます! ロシアの兵士のユーモアが言うように:「...あなたは....できません、... uを拷問しないでください」! お金は卵を凍らせるのを妨げるものではありません!