共産主義についての資本主義の神話

共産主義についての現代の世論は、さまざまな神話や偏見に基づいていることが起こりました。 ユビキタスな宣伝の影響を受けた住民は、このシステムを専制政治と見なしています。 しかし、そうではありません。


多くの場合、資本主義の支持者は共産主義を独裁者として非難します。 実際、ブルジョアシステムの民主主義は、労働者を容赦なく搾取し、抵抗があった場合に彼らを罰する「生命の達人」の自由に他なりません。 同様に、いわゆる「プロレタリアの独裁」は、階級争いがまったくない状態で働く人々の包括的な力です。

別の神話は、共産主義は継続的な「平準化」であると言います。 ただし、ここでは、資本家が現代の「消費者社会」を怖がらせることを好む個人的なニーズや日常生活についてではなく、前述のクラスの憎悪について話します。

よくある誤解は、計画された「属性」です 経済 商品の不足と無限のキュー。 この宣伝は、ペレストロイカの間、ソ連のアーカイブ担当者によってサポートされています。 実際、共産主義は、人間のニーズの満足度を最大化するために必要な豊富さを前提としています。 そして、ソビエト連邦(コシギン改革前)では、完全な商品の独立がありました。

もちろん、「持ち去って分割する」という全体の神話もばかげています。 共産主義者は常に、人間による人間の搾取に基づく生産手段の私的所有の廃止を提唱してきました。 しかし、これは決して市民の個人的な財産には関係しません。

そして最後に、多くの人が信じているように、共産主義はユートピアではありません。 社会の発展の普遍的な法則を通してそれの科学的基礎を築いたマルクスとエンゲルスの努力のおかげで、それは多くの夢想家ではなくなりました。

共産主義は、資本主義のように少数の裕福な搾取者によってではなく、すべての生産手段が公的に所有され、人々によって所有されるシステムです。

広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
6 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. 鉄鋼労働者 オンライン 鉄鋼労働者
    鉄鋼労働者 6 2月2020 09:55
    -1
    ブラボー!!

    多様性は才能の姉妹です!

    記事に追加するものは何もありません!
    1. mor7d Офлайн mor7d
      mor7d (mor7d) 31 3月2020 14:00
      -4
      記事に追加するものは何もありません

      あなたは正しいです、何もありません。 記事に書かれていることはどれもそうではありませんでした。 何も。 まず、共産主義はありませんでした。 第二に、何があったかというと、独裁者がいて、行列があり、文字通りすべてのものが完全に不足していて、他のすべての喜びがありました。
  2. イゴール・パブロビッチ (イゴール・パブロビッチ) 6 2月2020 10:28
    -2
    そして、誰がこのナンセンスを書いたのですか? Gulchatay、あなたの顔を開いてください-国はその「英雄」を知っているべきです...
  3. アレクセン Офлайн アレクセン
    アレクセン (アレクサンダー) 6 2月2020 22:02
    +1
    仮説理論と社会慣行を比較すると...
  4. デルビンフィル Офлайн デルビンフィル
    デルビンフィル (アレックス) 7 2月2020 04:17
    +2
    引用:Igor Pavlovich
    そして、誰がこのナンセンスを書いたのですか?

    正当化する
  5. オレグ・ランボーバー (オレグピテルスキー) 7 2月2020 21:50
    +1
    共産主義はどこでも実現されたことがないので、それについて議論することは、空中で球形の馬について議論するようなものです。 しかし、試してみましょう。
    1.共産主義は国家の衰退を想定しており、国家がなければ独裁を想像することは困難です。
    しかし、共産主義への道のりで、「プロレタリアの独裁」が想定され、これはまさに独裁(著者の定義は誤り)であり、既存の政治システムを破壊し、この変革への抵抗を抑制する無制限の力です。
    批評家は(そして社会主義者の間で)プロレタリアの独裁は不可能であり、党の独裁(命名法)または個人の独裁に退化するだろうと指摘した。 それはUSSRによって首尾よく実証されました。
    2.「平準化」について...共産主義の創設者は次のように述べています。

    彼の能力に応じてそれぞれから、彼のニーズに応じてそれぞれに。

    -私の意見では、このモットーは正確に平準化です。
    3.理論的には、次のように、共産主義の下でどのようになっているのかわかりません。

    その場合、製品の配布では、各製品が受け取る金額について社会側で正規化する必要はありません。 誰もが「必要に応じて」自由に借りることができます。

    批評家は、人間のニーズは無制限であり、したがって彼のニーズを満たすのに十分なリソースがないだろうと指摘しました。
    実際には、社会主義-共産主義を構築したすべての州は、コシギン以前を含め、USSRを含めて赤字を経験しました。 不足は社会主義の体系的な問題のようです。
    4. USSRの30代の農民は、馬やトラクターが彼から連れ去られたとき、私物と私物を実際に区別することができなかったと思います。 共産主義の下では、彼らは何も奪うつもりはなく、すべてはプロレタリアの独裁の段階で行われなければなりませんでした。
    5.マルクスの時代から約150年が経過し、彼はすべてにおいて正しくなかったと言っても過言ではありません。 共産主義の考えは、ソ連の瓦礫の下にほとんど埋もれていませんでした。 私の意見では、国家の拒絶と「能力に応じてそれぞれに、ニーズに応じてそれぞれに」は可能ですが、遠い歴史的観点では、人類の可能性が事実上無限になり、人が異なるようになるとき。 そしてもちろん、プロレタリア革命がなければ、むしろブルジョアの進化です。