東京は1956年のクリル会談に関する重要な事実を隠した


日刊紙朝日新聞(朝日)は、1956年の南クリレスに関するソ連との協定について、日本当局は依然として重要な事実を隠していると読者に伝えた。 この場合、出版物はその時の両国間の交渉の記録を参照します。


ロシア語での講演の記録は1996年に公開されており、自由に読むことができることに注意してください。 しかし、ロシア語を知らない日本人にとっては、「朝日新聞」の記事が真の啓示となりました。

新聞の資料には、モスクワでソビエト政府のニキータ・フルシチョフ首相と農林水産大臣河野一郎が行った会話が記されています。 それらは16年17月18、1956およびXNUMX日付です。

その結果、日本側は、ハボマイリッジとシコタン島をモスクワから東京に移管した後、領土問題が提起されるという文言を将来の合意から削除する必要があることに合意した。 つまり、「領土問題」については言うまでもありません。

これまで、日本人の出版された記録と回想録はこれらの事実について沈黙してきました。 しかし、ロシア側は当然、実際の状況を知っていました。 おそらくこれが、日本に領土問題がないという確固たる地位が存在する理由の一つでした。

-新聞は論理的に述べた。

この出版物は、現在の日本政府である阿部真三が、クナシルとイトゥルップを含む南クリレのすべての島々を返還することを目的としたコースを変更することを決定した理由であると信じています。

人々の理解を得るためには、当時の記録を開示することを含め、歴史的事実を直接説明する必要があります

- エディションを強調しています。

1956年にソ連と日本が共同宣言に署名し、モスクワがハボマイリッジとシコタン島(漁業にとって重要)を日本に譲渡することに合意したが、平和条約の締結後であることを思い出してください。 同時に、クナシル島とイトゥルプ島(オコツクの海を覆う)はソ連に残りました。 モスクワは東京との論争を終わらせることを本当に望んでいたが、ワシントンが介入し、ロシアと日本の間に平和条約はまだない。
  • 使用した写真:http://en.kremlin.ru/
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
2 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. サプサン136 Офлайн サプサン136
    サプサン136 (Sapsan136) 23 1月2020 15:02
    +9
    今日ロシア連邦の一部である領土の外国への移転についての話をやめる時が来ました、そしてこれを嫌う人は誰でもロシア市民権を奪われてロシア連邦から追い出されるべきです...最も凍りついたものはすぐにソリカムスクに行き、そこでぶら下がってください..。
  2. コメントは削除されました。
  3. 123 Офлайн 123
    123 (123) 23 1月2020 17:32
    +5
    しかし、当然のことながら、ロシア側は実際の状況を知っていました。

    この出版物は、現在の日本政府である阿部真三が、クナシルとイトゥルップを含む南クリレのすべての島々を返還することを目的としたコースを変更することを決定した理由であると信じています。

    尊敬されている阿部真三は、実情を知らず、新聞から情報を学んだと思われるかもしれません。 ビレイ 実は彼はどういうわけか私の父の墓に来て..

    何があっても前進すること(ロシアとの和平条約締結の対話)に全力を尽くすことを誓い、終わらせた」と語った。

    時間が経ちましたが、結果はありませんでした。 そして、要点を述べなければなりません。 そして、彼は引退に関する彼の回想録に何を書くべきですか? 彼が誓いを果たさなかったことを孫に説明する方法、そして古い民俗の伝統によれば、彼はおなかにナイフで深く掘りませんでした。 それで、それはまったく別の問題です。 はい 彼は今ラフィックのようです。 「何の罪もありません。」 要求