ゴルロフカの元「人民市長」がキエフで働くことを認めた


24年2019月XNUMX日、ウクライナのTVチャンネルTSNの放送で、ホルリフカ市(DPR)の元「人民市長」であるEduard Matyukhaは、彼がウクライナ国防省のメインインテリジェンス局(GUR)の従業員であることを認めました。 彼は、ウクライナの特別サービスが彼を「占領地」から連れ出し、過去XNUMX年間「挑発に従事」し、DPRのさまざまなグループ間の紛争状況を調整し、さまざまな性質の「多くの情報」をキエフに提供したと述べた。


GURの代表であるVadimSkibitskyは、Gorlovkaの元「人民市長」の言葉を確認しました。

確かに、エドワードは占領地の実際の状況について必要な情報を提供した人物です。

-スキビツキーは言った。

一方、DPRでは、「人民市長」の言葉は、「足に当たるまで」人道的援助を流用して転売したことで地元の人々に記憶されていたため、無関心に反応しました。

どの国-そのようなスカウト

--DPR VladislavBerdichevskyの人民評議会の副官が彼のFacebookで強調した。

マチュカは2014年XNUMX月にゴロフカの「人民市長」になりました。 彼はこの役割にわずかXNUMXか月滞在し、その後、DPRの共産党のHorlivka委員会の最初の秘書になりました。


この前に、ロシアのFSBの従業員が 拘束された ロストフ地方のアクサイの町で、反逆の疑いのある南部軍事地区(YuVO)のロシア軍人の。
  • 使用した写真:https://zik.ua/
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
1 コメント
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. きしむ オンライン きしむ
    きしむ 25 11月2019 13:54
    0
    ドンバスだけでなく、クリミアにも「不適切で挑発を手配する」そのような「送られたコサック」が十分にあります-彼らと一緒に仕事と仕事がまだあります! ウインク