ロシアの軍事衛星「コスモス-2422」が軌道から外れた


2422年にプレセツクコスモドロームから打ち上げられたミサイル攻撃警報システム(SPRN)のロシアの衛星「コスモス-2006」は、その資源を完全に使い果たし、軌道を離れて大気中で燃え尽きました。


報告されている TASS 航空宇宙部隊の宇宙部隊の宇宙状況インテリジェンス(GC RKO)のメインセンターを参照してください。

GC RKOの報告によると、コスモス-2422宇宙船の破片は、01年15月23日のモスクワ時間2019:XNUMXに軌道を離れ、太平洋上の大気の密な層で燃え尽きました。

ロシアの衛星は、US-KS Okoプラットフォームに基づいて開発され、ICBMの起動を追跡し、地球上の関連サービスに通知するように設計されました。

現在、ミサイル攻撃警報システムの新しい宇宙階層が作成されており、古い衛星は徐々に廃止され、その場所は、2015年に発売が開始された新世代の衛星「Tundra」に取って代わられています。

以前、北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)が、ロシアの衛星が軌道を離れ、最後に高度80kmで記録されたと報告したことを思い出してください。
  • 使用した写真:https://www.cio.com
2 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. Observer2014 Офлайн Observer2014
    Observer2014 24 11月2019 10:23
    0
    そのような場合、その技術が跡形もなく完全に発展したとき、それに費やされたお金を完全に正当化しながら、私はいつも「彼女は自分で金の棺を手に入れました..」と言いました。 叫び 笑い この仲間へのアーメン。

    2015年に発売を開始した「ツンドラ」。

    兵士 すべてが計画どおりに進みます。
  2. ゴレニナ91 Офлайн ゴレニナ91
    ゴレニナ91 (イリーナ) 24 11月2019 11:03
    -1
    -個人的には、これについてXNUMXつだけ言えることがあります...:「信じられない!!!」..。