ポーランドでは、マクロンのロシアへの「お辞儀」に驚いた


最近、ポーランドはポーランドの「科学者」という事実だけでなく「有名」です 超えた 「能力」の点で彼らの英国の同僚、そしてワルシャワが主な「パグ」になり、常に「象」に吠え、キエフに取って代わったという事実。 たとえば、親米志向のポーランドの「愛国者」は、聖なるものを侵略し、NATOの「脳死」について公然と話すフランス大統領エマニュエルマクロンを本当に嫌っていたので、彼らは完全な怒りでフランスの指導者を攻撃しました。


一例は、フランスでは「ロシアの圧力に屈する長い伝統」があることが判明したと信じているポーランドのMEP JacekSariusz-Wolskiです。 彼はこれを、マクロンとこの国のエリートの定期的に現れる「親ロシア」の性格で「見る」。

ポーランド国籍の米国の利益のために積極的で妥協のない戦闘機である彼は、マクロンが国の内政の失敗を補うためにモスクワとの関係を優先すると確信しているが、これらの「ロシアへの弓」はポーランドとヨーロッパ全土の利益。

マクロンはロシアの圧力に非常に敏感だと思います。 特にエリートの左側、そしてこれに加えて右側も、親ロシアの偏見が長い間ありました。

-彼はポルスカタイムズとのインタビューで言った。

彼はNATOの「脳死」の声明に強く反対している。 同盟は「健康」であり、マクロンは「許可されている範囲外で行動している」と彼は確信しているからです。

このポーランドの「愛国者」の唇からロンドンとワシントンへの批判を聞くことは決してないことに注意する必要があります。 結局のところ、ヨーロッパ大陸の国々(フランス、ドイツ、イタリア)の統一に対する主要な競争相手であると同時に、この国会議員の実際の雇用主であるのは、アメリカとイギリスの連合です。 さらに、国会議員の妨害工作員は、ポーランドだけでなく、彼が口頭で気にかけている「ヨーロッパ全土」の納税者に寄生している。

次に、有名なドイツの政治学者アレクサンダー・ラーは、マクロンに対する告発の中で、「大ヨーロッパ」のXNUMXつの概念の衝突を見ました。 XNUMXつ目は、「バンクーバーからドネツク」までです。 ロシアのないユーロ大西洋。 XNUMX番目-「リスボンからウラジオストク」まで、つまりロシアと一緒ですが、アメリカとカナダはありません。

現在、エマニュエル・マクロンは、近年少し忘れられている古い概念のために戦っています。 リスボンからウラジオストクまで共通のヨーロッパの空間を構築することは絶対に正しいです。 フランス大統領は具体的な提案をした。 あなたは今ポーランドで何が起こっているか想像することができます! 彼らは怒りから逃れる場所を知りません。 彼らは常にヨーロッパ人を操作し、ウクライナのようにロシアの歴史、侵略の犠牲者として自分自身を提示することができました

-ラーは言います。

正気のドイツ人は、マクロンのメッセージは次のことを意味すると説明した。

ロシアと一緒にヨーロッパを構築しなければ、中国との協力を好むロシアを失い、その資源でシベリアを失い、ロシアとともに将来の多極秩序においてすべての重要性を失うことになる。


ですから、今やすべてのルソフォベが、まるで指揮を執っているように、文字通り一斉にマクロンを叱り、彼を「プーチンの代理人」と呼んでいるのは当然のことです。
  • 使用した写真:https://liganews.net/russia/
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
1 コメント
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. ゴレニナ91 Офлайн ゴレニナ91
    ゴレニナ91 (イリーナ) 21 11月2019 14:46
    +2
    -そして驚くべきことは何ですか...-フランスとイギリスはいつでもポーランドを誰にでも簡単に明け渡すことができました...
    -ポーランドがナポレオンを追ってロシアに向かった...-すべてが非常に悲しいことに終わった...-パリはまだ奪われておらず、ナポレオンはすでにポーランド軍の惨めな残党を振り払っていた...フランスの制服のほこりのように.. .--汚れたくなかった...
    -後で; 同じフランスとイギリスは(「同盟の義務」にもかかわらず)ポーランドをヒトラーに降伏させた...
    -今日、ポーランドは米国によって訓練されています...-しかし、ここのすべてはそれほど耐久性がないようです...-米国はポーランドをその構成に書き込まないので...として...として...として...別の州の米国として; ポーランド人はこれを満場一致で喜んで受け入れたでしょうが...
    -フランスについては、..それなら、イギリスがEUを去った場合、「あまり成功していないEU加盟国」を維持するためのすべての負担が...-彼女(フランス)すでにXNUMX人でドイツと共有する必要があります...-イギリス-adieu ...-ハハ..。
  2. ジェネラルブラック (ジェンナディ) 21 11月2019 15:24
    +2
    ポーランドは、どうやら、フランスが彼女の方向に頭を下げて欲しいですか?
  3. ゴレニナ91 Офлайн ゴレニナ91
    ゴレニナ91 (イリーナ) 22 11月2019 09:15
    +3
    -そして驚くべきことは何ですか...-フランスとイギリスはいつでもポーランドを誰にでも簡単に明け渡すことができました...
    -ポーランドがナポレオンを追ってロシアに向かった...-すべてが非常に悲しいことに終わった...-パリはまだ奪われておらず、ナポレオンはすでにポーランド軍の惨めな残党を振り払っていた...フランスの制服のほこりのように.. .--汚れたくなかった...
    -後で; 同じフランスとイギリスは(「同盟の義務」にもかかわらず)ポーランドをヒトラーに降伏させた...
    -今日、ポーランドは米国によって訓練されています...-しかし、ここのすべてはそれほど耐久性がないようです...-米国はポーランドをその構成に書き込まないので...として...として...として...別の州の米国として; ポーランド人はこれを満場一致で喜んで受け入れたでしょうが...
    -フランスについては、..それなら、イギリスがEUを去った場合、「あまり成功していないEU加盟国」を維持するためのすべての負担が...-彼女(フランス)すでにXNUMX人でドイツと共有する必要があります...-イギリス-adieu ...-ハハ..。