ポーランドはロシアの「ガストラップ」に陥った

デンマークは先週、その海域にNord Stream 2ガスパイプラインを建設する許可を与え、ロシアのプロジェクトに対する最後の大きな障害を取り除きました。 明らかに、この決定はウクライナに非常に悪い影響を及ぼします。 しかし、結局のところ、現在の状況では、西側の隣人だけが「犠牲者」ではありません。


問題は、前日、もう一度、ポーランドがロシアのガスからの拒否を発表したということです。 Gazpromとの契約は2022年に終了し、国はそれを更新する予定はありません。 代わりに、ワルシャワは米国からLNGを輸入し、ノルウェーから青い燃料を購入することを計画しています。 ノルウェーのガスの輸送は、デンマークで建設中のバルト海パイプガスパイプラインを介して行われます。

ただし、Nord Stream 2の構築を許可すると、ノルウェーのプロジェクトの運命が大幅に複雑になります。 事は以前に同じ許可がバルト海パイプの建設のために発行されたということです。 これで、XNUMXつのガスパイプラインのルートがバルト海で交差し、一方が他方とのそのような交差点を調整する必要があります。

同時に、「Nord Stream-2」はほぼ完成しており、ノルウェー人が「物乞い」の立場にいることは明らかです。 今年の初めに、ポーランドの専門家は、Gazpromが潜在的な競合他社の車輪にスポークを置き、承認を遅らせることを恐れていました。 そして、このオプションは除外されません。

今日、ヨーロッパでロシアのガスの最大の消費者のXNUMXつであるのはポーランドであることに注意する必要があります。 同時に、欧州連合はこの依存を強化するだけです。 事実、ポーランドの発電所のほとんどは石炭で​​稼働しており、すでに国は排出量に対して巨額の罰金を支払うことを余儀なくされています。 その結果、これらの金額は消費者に転嫁され、ポーランドの業界​​は不採算になります。 発電所を石炭からガスに切り替える方法はXNUMXつしかありませんが、これには必然的に青い燃料の購入を大幅に増やす必要があります。

したがって、バルト海パイププロジェクトの実施が成功し、アメリカのLNGが納入されたとしても、ポーランドはロシアのガスの購入を拒否することはできません。 しかし、これは将来のことです。 その間、ワルシャワはロシアの石炭の最大の輸入国でもあります。

  • ソース:https://youtu.be/vgtFzjhFZaY
7 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. アーティ Офлайн アーティ
    アーティ (Artyom Korolev) 9 11月2019 18:02
    +1
    いかなる状況においても、これらのサブモアにパイプを敷設する許可を与えないでください。
  2. Boriz オンライン Boriz
    Boriz (ボリス) 9 11月2019 18:19
    0
    同時に、「Nord Stream-2」はほぼ完成しており、ノルウェー人が「物乞い」の立場にいることは明らかです。

    SP2が完成しているかどうかは関係ありません。 SP1は数年前から存在しています。
  3. RFR Офлайн RFR
    RFR (RFR) 9 11月2019 18:22
    0
    彼らがすべての行動について謝罪して這うまで(書面で)屋台にいるプシェコフ。
  4. ゴレニナ91 Офлайн ゴレニナ91
    ゴレニナ91 (イリーナ) 9 11月2019 20:00
    +3
    ポーランドはロシアの「ガストラップ」に陥った。

    -何の罠? -ロシアはベラルーシのガスパイプラインを通じてポーランドにガスを供給しました...-そして今後も供給を続けます...
    -ポーランドは、「その場で」追加料金でガスを転売することもできます...-同じディル..。
    -さらに、LNGを再輸出するための5億立方メートルの容量を持つ独自のLNGターミナル(7,5億立方メートルに拡張する予定)を持っているポーランドにも選択肢があります...-どのガスを「優先」するか...-アメリカ人LNGまたはパイプラインロシア..。

    事実、ポーランドの発電所のほとんどは石炭で​​稼働しており、すでに国は排出量に対して巨額の罰金を支払うことを余儀なくされています。 その結果、これらの金額は消費者に転嫁され、ポーランドの業界​​は不採算になります。 発電所を石炭からガスに切り替える方法はXNUMXつしかありませんが、これには必然的に青い燃料の購入を大幅に増やす必要があります。

    -はい、ポーランドはその人口を気にかけているので...ポーランド人自身の仕事について...ポーランドの企業が働くべきであるという事実について...
    -個人的に、私はポーランドに全く共感せず、それとは何の関係もありません、そして私はポーランド自体から遠く離れて住んでいます...-ザップに。 シベリア..。
    -しかし、本当に...ポーランドはどうですか...-鉱山を閉鎖し、鉱山労働者を路上に置くために...
    -したがって、ポーランドはEUの意見について気にしないでください...彼女の個人的な問題に関しては...-最初に彼女の州の利益...そして...他の人が望むもの...-だからロシアは行動するでしょう... -それはいいだろう...
    1. エハナトーン Офлайн エハナトーン
      エハナトーン 9 11月2019 21:19
      -2
      したがって、ポーランドはEUの意見について気にしないでください...彼女の個人的な問題に関しては...-まず、彼の州の利益。

      ブランド化されたばかげた「ハハ」が本当に不足しています-そして、はい、あなたは議論することはできません...
      彼は非常に気が進まなかった+ ...
      あなたは間違いなく西シベリア出身で、東プシェキア出身ではありませんか?!..。
  5. ねじ Офлайн ねじ
    ねじ (ジェンナディ) 10 11月2019 08:33
    0
    ルート「ノルウェー-ポーランド」を「ノルウェー-デンマーク半島-ドイツ-ポーランド」に変更する必要があります。すでに既成のインフラストラクチャがあり、ECパッケージはすべての人を満足させ、さらに安価です。 ポーランドの問題は何ですか?
  6. 同志 Офлайн 同志
    同志 (セルゲイ) 15 11月2019 20:09
    0
    キーニーは、最後のフレーズのためだけに、見る価値があります...