ロシアはシリアの石油の米国の盗難の証拠を提示します

26年2019月2019日、ロシア国防省は、国防総省の長であるマークエスパーによる、シリア東部の米軍グループの保護について、「ISIS(ロシアで禁止されている組織)が油田にアクセスするのを防ぐため」との最近の声明についてコメントしました。 同時に、シリアの油田の地図とXNUMX年XNUMX月(すなわち、トルコの軍事作戦「平和の春」の開始前)に撮影された宇宙偵察の写真が公開されました。




ロシアの軍事部門の声明によると、シリアにあるすべての炭化水素およびその他の有用な鉱床は、ISISテロリストに属しているわけではなく、さらに「ISISからのアメリカの擁護者」に属しているのではなく、シリアとその人々だけに属しています。

国際法でもアメリカの法律自体でも、シリア自体とその人々からシリアの炭化水素鉱床を保護し防御するための、アメリカ軍にとって単一の合法的な任務はどこにもあり得ず、あり得ない。

-国防省のメッセージで強調されています。



国防省は、ワシントンが現在行っていることは、シリア東部の油田の武力による押収と管理であると信じています。 それ自体が国際的な国家の強盗です。

同省はまた、ワシントンでのそのような違法行為の主な理由を挙げた。 モスクワは、それ(理由)が、アメリカ人や「テロとの戦い」のような他のスローガンによって宣言された「自由」の理想からはほど遠いものであると確信しています。

衛星から撮った写真はこれをはっきりと確認しています。 米軍と米国PMCの信頼できる保護の下で、トランスユーフラテスでのISISの敗北の前後の両方で、シリアに属する石油が活発に採掘され、生産されました。 道路でまとめて送られ、現在シリア国外で処理されています。 同時に、米国はシリアへの石油製品の供給に対する制裁を皮肉なことに発表しました。





米軍とアメリカのPMCによって守られているシリアの石油を積んだタンカーがキャラバン全体で他の国に密輸されていることが明らかにされています。 このようなキャラバンに問題が発生した場合、米国の特殊作戦部隊(MTR)が直ちに派遣されてキャラバンを保護します。





さらに、石油自体の生産(盗難)は、前述の米国の制裁を回避するために、主要な西側企業によって提供された機器の助けを借りて実行されます。 同時に、石油輸出の「契約」は、いわゆる「東シリア自治政権」の下で創設された米国支配の会社「サドカブ」によって実現されています。

シリアの石油の密輸からの収入については、彼らはサドカブと相互作用するブローカー会社を通じて、米国の特別サービスと米国のPMCの番号付き口座に行きます。 シリアの密輸石油38バレルの価格は30ドルであり、この「民間事業」の月間収益はXNUMX万ドルを超えていることに注意してください。

したがって、米軍および諜報機関が、シリアの油井を神話上の「ISISの隠された細胞」から無期限に保護および防御する準備ができているのは当然のことです。 コントロールも税金もありません。 本当の「企業の自由」。
  • 使用した写真:https://m.kun.uz/
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
6 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. クリテン Офлайн クリテン
    クリテン (ウラジミール) 26 10月2019 16:16
    0
    盗まれた石油の輸出を閉鎖する必要があります-石油パイプラインとコンボイの両方を爆撃するために。
  2. ゴレニナ91 Офлайн ゴレニナ91
    ゴレニナ91 (イリーナ) 26 10月2019 21:49
    -1
    ロシアの軍事部門の声明によると、シリアにあるすべての炭化水素およびその他の有用な鉱床は、ISISテロリストに属しているわけではなく、さらに「ISISからのアメリカの擁護者」に属しているのではなく、シリアとその人々だけに属しています。

    --Ufff ...-ええと、ようやくわかりました...-そして、すべてがとても悲観的でした...
    1. Observer2014 Офлайн Observer2014
      Observer2014 27 10月2019 01:42
      0
      引用:gorenina91
      ロシアの軍事部門の声明によると、シリアにあるすべての炭化水素およびその他の有用な鉱床は、ISISテロリストに属しているわけではなく、さらに「ISISからのアメリカの擁護者」に属しているのではなく、シリアとその人々だけに属しています。

      --Ufff ...-ええと、ようやくわかりました...-そして、すべてがとても悲観的でした...

      ワオ。 私は楽しいショックを受けています。 感じます 笑い シリアの油田を守って守るアメリカ人が侵入する必要があると思いますか? 感じます
      1. ゴレニナ91 Офлайн ゴレニナ91
        ゴレニナ91 (イリーナ) 27 10月2019 07:53
        0
        -個人的には、侵入する必要があると思います...-しかし、ロシアには、このための力と「強い意志の衝動」(後者は特に重要です)がありません...
        -可能な限りロシア...-そして、すべてが自然に「解消」することを期待して、このシリアのキャンペーン全体の「最終」を可能な限り延期しようとします...-ロシアはちょうど緩みを与え始めました...-ある種の共同パトロール(敵と一緒に)国境に沿って...-それはただ...-孤独な「違反者」が座って、私たちのパトロールが平和的に降伏するのを待つかのようです...-はい、東はとても欺瞞的で意地悪なビジネスです、これからの結果がゼロであること..。
        -これまでのところ、私たちのパトロールはおそらく喜んで迎えられます...しかし、すぐに彼らは後ろで撃ち始めます...-はい、それが彼と東の理由です...-とても欺瞞的で下品です...
        -そして今、シリアのロシアは単に何も残されていませんでした...-行き止まりになりました...-次に何をすべきか...-広大な砂の領土が奪還されました...-そしてシリアの石油と水を取り戻す方法???
        -そして私たちの敵はそれを見る...-私たちの永遠の敵、トルコ人、そしてアメリカ人の永遠の敵...-彼らは両方とも一緒に行動した(現在主張されている「不一致」の模倣-数えない)...そして行動し続ける...-そして今、彼ら(アメリカ人とトルコ人)は単にロシアの立場の弱さを感じて、勝ち残った立場を一つずつ取り戻し始めています...-そして彼らは成功します...
        -実際、ロシアはこの「シリアのキャンペーン」に負けました...-彼らが言うように、「戦いに勝ったが、戦争自体に負けた」...
        -今何?
        1. ゴレニナ91 Офлайн ゴレニナ91
          ゴレニナ91 (イリーナ) 27 10月2019 08:07
          0
          -出力があります..:

          1.大型の移動式ロシアユニットを移管し、「偶発的な誤った行動」を模倣して、敵を油田から押し出そうとすることが急務です...-敵対行為(戦争)などの公式宣言なしに...
          -空港が占領されたときにセルビアで起こった...
          -そしてここでそれはうまくいくことができます...-そしてそれは本当にうまくいくでしょう...-しかしこのロシアは単に政治的意思を持っていません...

          2.そして別のオプション(より多くを失う)...シリアの地上ユニットを徐々に強化し始めることです(これはまだ行われなければなりません)..この方法は遅かれ早かれ、武力衝突につながるでしょう-米国に対するロシア+七面鳥...

          3.または一般的に...-お金を集めてシリアを離れるだけです...

          これがロシアの主な「XNUMXつの選択肢」です...
  3. AICO Офлайн AICO
    AICO (ビャチェスラフ) 28 10月2019 10:01
    0
    次回は、これらの縞模様のラットの罰の爆弾の証拠を提示します! そして再び、いくつかの懸念が-すぐに「パートナー」で彼らから固執するでしょう! しかし、どのゲームでパートナーですか?!