砕氷船「アルクティカ」が原子炉施設を立ち上げ


有望なロシアの原子力砕氷船アルクティカに原子炉の設置が開始されました。 両方のRITM-200リアクターが最小電力レベルになります。 代理店は昨日これを報告しました RIA通信社、Rosatom社の情報源を引用しています。


インスタレーションの立ち上げは、砕氷船の建設プログラムの主要な段階のXNUMXつであることに注意してください。 リアクターの初期テストは、最小電力で実行されます。 その後、設備はエネルギーレベルに移行します。 そしてその後になって初めて、船の完全な海上試験が始まります。

砕氷船アルクティカは、ロザトム社の命令により、プロジェクト22220(5隻の船の作成を含む)の枠組みの中で建設されていることを思い出してください。 船は2020年に就役する予定です。

有望な砕氷船の寸法は173,3x34x15,2メートルです。 変位は33,5千トンです。 船は8,55ドラフト(10,5メートルとXNUMXメートル)になり、最高速度で厚い氷を砕き、ドラフトが浅い凍った川床に沿って船を航行することができます。

RITM-200リアクターの耐用年数は40年で、7〜10年ごとにエネルギー資源が完全に回復します。 ユニットの集積回路は、コア容器内に4つの蒸気発生器を配置することを想定しており、これにより、リアクター自体のサイズを縮小することが可能になりました。 RITM-200砕氷船に取り付けられているものはそれぞれ、30MWの電力を供給します。

「アルクティカ」はプロジェクト22220のXNUMX番目の船になります(「シベリア」と「ウラル」に続く)。 このクラスの砕氷船は、ペチェルスク海、カラ海、バレンツ海、およびイェニセイの浅い河口で稼働すると想定されています。
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
1 コメント
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. サプサン136 Офлайн サプサン136
    サプサン136 (Sapsan136) 5 10月2019 18:44
    0
    良いニュース...艦隊を更新する時が来ました。