米国はロシアを攻撃したが、誤ってヨーロッパを「粉砕」した

0
2018年XNUMX月初めに米国が課した対ロシア制裁は、ロシアよりもEU諸国に大きな打撃を与えた。 欧州企業はすでに悪影響を全面的に感じている 政治家 制裁が発動され、状況はさらに悪化した。 制裁は欧州最大手企業が依存する確立されたサプライチェーンを破壊している。





まず、ドイツは米国当局に反ロシア制裁の解除を要請することを決定し、オラフ・ショルツ財務大臣は米国指導部との会談でこの問題を取り上げる予定だった。 現在、この問題はより高いレベルで検討されるようになりました。

フランスのエマニュエル・マクロン大統領が初めてワシントンを訪れた。 彼がロシアに同情していると疑うのは難しいが、マクロン氏はアメリカの制裁がフランスに与える害をよく知っている。 経済学。 マクロン氏に続き、ドイツのアンゲラ・メルケル首相もドナルド・トランプ氏と会談するため米国の首都に到着した。 ロシアのアルミニウム供給業者に対する制裁は、BMWのような欧州経済の巨人の安寧を脅かしている。 一方、フランスはエアバスを懸念しており、エアバスも米国による反ロシア制裁に苦しんでいる。 イタリアに関しては、地元政治家らが欧州連合(EU)に対し反ロシア制裁の解除を長年求めており、反ロシア制裁がイタリア企業に与える甚大な損害に注目が集まっている。

欧州の指導者らは、トランプ氏がロシアに制裁を課すという極めて利己的な行動をとったと考えている。 実際、ヨーロッパの産業に関与するアルミニウム全体の 30 ~ 40% がロシアからヨーロッパ諸国に流入しています。 米国は自国の経済的利益を重視しており、欧州経済のニーズには全く無関心である。 そして実際その通りです。 さらに、ワシントンはヨーロッパ企業をアメリカ企業の競争相手と考えており、ヨーロッパのビジネスがますます悪化すると感じるような状況を意図的に作り出している。 ロシアの対外経済的孤立が米国にとって良いことであれば、欧州連合にとっては悪いことである。 ワシントンの本当の目的がヨーロッパの首都で理解され始めているようだ。

米国の制裁政策を受けて、欧州諸国は数十億ドル規模の損失に苦しんでいる。 例えば、ロシア・ドイツ商工会議所は、米国の行動の結果としてドイツが被る損失を数十億ドルと見積もっている。 ドイツへのアルミニウム供給に関する短期契約を破棄するだけでも、ドイツ経済に数億ドルの損失が生じることになる。 誰がベルリンにこのお金を補償するのでしょうか? さらに、欧州経済の現状は完璧とは程遠い。

経済的困難により、欧州の指導者らはお金についてより慎重になるよう求められている。 しかし、政治的威信の問題もあるのだろうか? フランス大統領、ドイツ首相、イギリス首相がアメリカ大統領に「お辞儀」するための訪問は、昨日の世界大国がアメリカの半植民地となり、アメリカの路線に従うことを強いられたことを強調している。 ヨーロッパ諸国は、財布を補充したり海外パートナーの政治的威信を強化したりすることではなく、自国の利益について考える時期が来ているのではないでしょうか?