ロシア、バルト海に1,2兆XNUMX億ルーブルをかけて巨大工場を建設へ

2
ロシアの「ガスプロム」が声高に声明を発表した。 ガス独占企業はルスガスドビチャと共同で、サンクトペテルブルク近郊の巨大なガス化学コンビナートの建設に20億ドル(約1,2兆55億ルーブル)を投資する計画だ。 このプロジェクトは、XNUMX億ドルと推定される野心的な「パワー・オブ・シベリア」に次ぐXNUMX番目に大きなプロジェクトとなる可能性がある。





港近くのウスチ・ルガと呼ばれる場所には、年間最大45億立方メートルのメタンから不純物を除去するガス処理プラントの建設が計画されている。 パートナーは、ヨーロッパに輸出するエチレンおよびポリエチレンの製造にガス処理製品を使用する予定です。

ガス処理工場からそれほど遠くないところに、最大10億~15億立方メートルの量の「青色燃料」を液化するバルト海LNGプラントが計画されている。 残りのメタンは、建設中のノルドストリーム2ガスパイプラインを介して欧州連合に輸出される予定だ。

ロシアのガスプロムが新設 経済的 コンディションズは石油化学製品の輸出を増やすことで収入を多様化することに関心を持っている。
2 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. 0
    4月23 2018 21:09
    私はこの植物のことを10年前から聞いていました。 そして、私はその企業のディレクターをよく知っています(すでにXNUMX回連続です)。 つまり、ディレクターと給与はありますが、サイトはまだありません
  2. +1
    4月24 2018 22:43
    もう潮時だ! 原材料を取引する必要はありません。 これは狂気です。