「レイ・オブ・グリーン」:ウクライナの国境警備隊はロシアの同僚を恐れていた

ソビエト社会には、KGBが人々に何らかの光線を「照射」しているという「ホラーストーリー」がありました。 「放射線の攻撃」に対抗するために実際にホイルハットを使用した、精神的な逸脱を伴う特に印象的な個人さえいました。 そして今、ウクライナの国家国境警備隊(SBS)は、ロシアの国境警備隊がウクライナの部門の従業員に緑色の光線を当てていると公式に報告しています。




ロシア連邦のFSBの沿岸警備隊の船のXNUMXつが認識される方向から、ウクライナの州境サービスの海の警備員のボートに緑色のライトがあります

-ウクライナの部門のメッセージで言った。

ウクライナの州境局によると、これらの「ひどい」出来事はアゾフ海の海域で起こっていることに注意する必要があります。 さらに、「不吉なセッション」はXNUMX夜連続で続き、同時にウクライナの「愛国者」の間でさらなる疑惑を引き起こさざるを得ません。

いわゆる照明セッションは数分間続きます。 現在、乗組員の健康への害やビームへの暴露後の技術機器の故障は記録されていません。
しかし、接触地で起こったこのような現象が繰り返し軍人の負傷につながることを考慮し、職員の生命と健康を保護するための適切な措置が講じられた。

-ウクライナの州境サービスの声明で強調されています。

別のロシアの「挑発」に関する情報は、すでにSBU、国防省、内務省、および軍事検察庁に転送されていることが明らかになっています。 その後、地元の「愛国者」は テクニック 「ドンバスの解放者」は、操作の悪さや修理の質の悪さのためではなく、定期的に故障しています。 さらに、彼らは今、ウクライナの都市や村でXNUMX年間、手榴弾、地雷、爆弾が定期的に「自発的に」爆発し、時には誰かが手榴弾発射装置から発砲する理由を理解しています。

これはすべてロシアの「緑の光線」によって行われ、ウクライナ人の脆弱な精神に影響を与えていることがわかりました。 同時に、州境局および「スクエア」の他の法執行機関は、職員にホイルハットを発行し始める時期を報告していません。
  • 使用した写真:https://sharknews.ru/
広告
私たちは、ニュースおよび分析部門の著者と協力することを歓迎します。 前提条件は、テキストをすばやく分析して事実を確認し、政治的および経済的トピックについて簡潔かつ興味深いものを書く能力です。 フレックスタイム制と定期的な支払いを提供します。 作業例を記載した回答を[email protected]に送信してください
3 注釈
情報
読者の皆様へ、出版物にコメントを残すには、 ログイン.
  1. 抗生物質 Офлайн 抗生物質
    抗生物質 (セルゲイ) 26 7月2019 14:56
    -1
    レーザー指定子にマルチカラーフィルターを作成するために、国防省にアイデアを投げかける必要があります。 赤、青、黄色。 そして、LGBTの憤慨を恐れずに、ピンクとブルーのものさえ作りましょう。 緑のもののスカクアは恐れ始めました。 そして、彼らはレーザーポインターで子猫のように色付きの光線をキャッチします...
  2. セルジュ2 Офлайн セルジュ2
    セルジュ2 (セルゲイ) 26 7月2019 15:40
    0
    ペンタゴンは、ウクロファシストへのハルシノーゲンの供給をやり過ぎました。
  3. アンドレイ・シャバショフ (アンドレイ・シャバショフ) 26 7月2019 22:13
    0
    緑の光線を見たことがありますか、紳士KHOKHLY? はい、それは複数回起こりました、これは非常にまれに起こります、日没で、最後の瞬間に、緑の垣間見ることが空に現れます、多くはそれを見たことがありません、他の人は彼らが見たと言いますが嘘をつきます、そしていくつかによると... .........。
    1. ジェネラルブラック オンライン ジェネラルブラック
      ジェネラルブラック (ジェンナディ) 28 7月2019 12:49
      0
      彼らは主に緑の悪魔を見ます。
  4. Syoma_67 Офлайн Syoma_67
    Syoma_67 (セミョン) 27 7月2019 15:39
    -2

    ロシアの同僚に怯えた。

    -誰もが震え、西側はショックを受け、アメリカはパニックに陥っています。 秘密の「緑の光線」を誇る「愛国者のための万歳」の記事。 ここでは、「スーパーロケット」のスタイルで漫画を追加することもできます。たとえば、邪悪なベンデラの人々がパニック状態でビームから隠れているように、それだけです。「愛国者のための万歳」は、もちろん誇りです。